密室だからこそ注意! ドライブデートで気をつけたいマナー8

写真拡大

彼とのドライブデート、長時間一緒にいられるのはうれしいけれど、なんとなく一抹の不安があって思う存分楽しめないという人もいるのではないでしょうか。ドライブデートを楽しむためにはどんなことに気をつければいいのでしょう。ドライブデートのマナーについて、社会人の女性に聞いてみました。

■彼ががんばって運転しているから

・「高速を走っていると眠くなるが、寝ないようにする」(33歳/学校・教育関連/その他)

・「自分が助手席に座っていたら、運転している人を気遣って話したり、寝ないようにしている」(33歳/不動産/営業職)

自分は助手席で暇でも、彼は真剣に運転してくれています。運転がうまい人だとつい眠くなってしまいますが、助手席に乗ったときは彼の運転をサポートする気持ちを持つよう心がけたいですね。

■運転手へのさりげない気遣い

・「飲み物や、眠くなったときに食べるものを持参する」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「隣で寝ないで運転手にガムを渡したり、気を遣うようにしている」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

人を乗せての運転は想像以上に神経を使います。運転しながら水分を摂りたくなることもあるでしょう。彼の好みに合った飲み物や軽食を事前に用意しておくといいですね。

■香害になってない?

・「ニオイ。密閉空間なので、いつも以上に気を遣います」(31歳/不動産/販売職・サービス系)

・「香水は付けていかないようにしています。車内はニオイがこもるから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いつもは香りのおしゃれとして楽しんでいる香水も、密閉された車内では相手を不快にしてしまうこともあります。あまりにきついニオイは自分にとっても車酔いの原因になる場合もあるので、極力無臭で行くのが望ましいのかも。

■彼のルールに文句をつけない

・「相手が運転手なら全て相手のペースやルールに合わせる」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「運転にあまり口を出さないようにする」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

車は動くプライベート空間。彼の車、彼の運転に乗せてもらう場合は、極力彼のルールに従った方が賢明です。特に、運転の仕方に逐一文句を言われると、相手をイライラさせてしまうこともあるので、あくまでもサポート役に徹した方がよさそうですね。

ドライブデートでは、ちょっとした身勝手な行動でも空気を一変させる原因になってしまいます。一度悪くなった空気を払しょくするのも簡単ではありません。ドライブデートを終始楽しめるよう、彼への気遣いと思いやりは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜34歳の働く女性)