「アナログ」デザインの合理性

写真拡大

さまざまな情報が表示される便利さゆえに、自転車の運転中に注意力が散漫になってしまうデジタルスピードメーター。サイクリングを愛するデザイナーたちは、デジタルとアナログのメリットを掛け合わせることによって、美しく安全なスピードメーター「Omata One」を生み出した。

SLIDE SHOW 「「アナログ」デザインの合理性」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/7スピードメーターの盤面の後ろには、GPSと気圧計センサーが内蔵されている。
PHOTOGRAPH BY BRIAN VERNOR

03

3/7デジタル表示よりも見やすく、注意力が散漫になることもない。
PHOTOGRAPH BY BRIAN VERNOR

04

4/7Omataには、日本の時計メ―カー、セイコーと共同開発された機械システムが採用されている。
PHOTOGRAPH COURTESY OF OMATA

05

5/72009年に描かれた、Omataのオリジナルスケッチ。
ILLUSTRATION BY RHYS NEWMAN

06

6/7初期のスケッチ。
ILLUSTRATION BY RHYS NEWMAN

07

7/7初期のスケッチ。
ILLUSTRATION BY RHYS NEWMAN

Prev Next

自転車用のスピードメーター「Omata One」は、紛らわしい見た目をしている。シンプルな測定器のように見えるが、まったくもってシンプルではないのだ。外から見てもわからないが、ツルツルとしたアルミケースに入った3つのダイアルの後ろには、コンピューターが収められている。

熱心なサイクリストであるライズ・ニューマンとジュリアン・ブリーカーは、自転車のハンドルについたデジタルディスプレイを眺めることに飽きてしまい、Omataをデザインした。彼らの洗練されたスピードメーターは、速度や距離、時間、高度をデジタルで計測し、古き良き文字盤に表示する。現在Kickstarterで資金を調達中だ。

アナログな見た目が、サイクリングをもっと安全にする

Omataの制作以前、ニューマンとブリーカーはノキアのアドヴァンスド・デザイン・グループで働いていた。同社の将来を見据えたテクノロジーデザインのほとんどを扱っている場所だ。彼らはそこで、気がかりなトレンドを目の当たりにした。

「あらゆる商品が、人からの注目を浴びるためにデザインされていることに気がついたのです」と、ニューマンは言う。ガジェットは、わたしたちの生活を補完するのではなく、制御することが多すぎるように思える。これはサイクリングにおいても言えることで、サイクルコンピューターの画面や過剰な機能は、乗り手の注意力を散漫にしてしまう可能性がある。

「わたしたちはこれをデザインの観点から見て、乗り手にもう少し注意を促せるような、新しいタイプの商品をデザインできないか考えました」とニューマンは振り返る。

OMATA_Photo_2769_SMALL

PHOTOGRAPH BY BRIAN VERNOR

ニューマンとブリーカーは、デジタルのものと同じように便利でありながら、人の注意をそらさない何かをつくりたいと考えていた。そのためには、アナログ画面が合理的だったのだ。「それはとてもシンプルな方法で、自転車に合っていると感じました」と、ブリーカーは言う。自転車自体がアナログなものであることを考えれば、理に適う。

また、アナログ画面はより読みやすいという利点もある。

「実際に文字盤と針があると(情報を)一目で読みやすいということは、計装設計ではよく知られています」と、ブリーカーは言う。「数字を見るときと同じ量の情報を処理しなくてもよい、というのが大きな理由です。」言い換えると、乗り手はちらっと盤面を見るだけで、どれくらいの速度でどれくらいの距離を走行したかわかるということだ。

アナログであるがゆえの欠点

ロンドンのデザインスタジオ、Ustwoのデザイナーであるティム・スミスは、アナログなスピードメーターの画面をデジタルインターフェイスに変換する仕事をしてきた。彼が言うには、たとえ文字盤の針が“機能嫌い”を軽減するというのが本当であり、相対的な数値を理解させるのに優れているとしても、そこには交換条件があるという。

まず、デジタル画面にはさまざまな種類の光のなかで適応できる。次に、アナログスピードメーターは運動量を計測するのには適しているとはいえ、数字が小さいため、特定の数値を見るのはデジタルのものより難しいと言える。「ここで不便なのは、針だけがついた画面を見ながら乗るときは、正確な距離や時間がわからないことです」と、彼は言う。

RELATED

デジタルとアナログのハイブリッド

Omataには、スピードメーターの盤面の後ろにGPSと気圧計センサーが内蔵されている。同社は、日本の時計メーカーであるセイコーと共に、センサーからのデータに反応する機械システムをつくった。GPSが速度、距離、位置を、そして気圧計センサーが高度を読み取ると、アルゴリズムがその情報をステッピングモーターに伝え、文字盤の針を徐々に動かしていく。スピードメーターの電池は、24時間もつように設計されている。

こうした意味では、ブリーカーとニューマンが“現代的な機械”と言うように、本当にハイブリッドなものである。「機械的ではありますが、レトロな意味での機械的ではありません」と、ブリーカーは言う。ごまかしだと言ってもよいが、このようなフランケンシュタインを生み出すことには利点がある。

例えば、OmataはStravaのようなサイクリング用アプリに位置情報やルート情報を入力することができる。これは本当にアナログなスピードメーターではできなかったことだ。それでも、デジタルインタラクションは本来よりも少なくなっている。「Omataでテキストメッセージを受け取ることは一切ありません」とニューマンは言う。「そこがよいところなのです」