トヨタ自動車が、東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2016」(6月15日-17日)に、新型プリウスPHV(国内仕様)を出展するそうです。

1

日本初公開となる同車は今秋発売予定で、ルーフにソーラー充電システムを搭載、急速充電(CHAdeMO)にも対応しています。

今回の展示会では、燃費・環境性能面でさらに進化したPHVシステムや、ソーラー充電システムの仕組み、急速充電機能、11.6インチ大型ディスプレイを使ったT-Connect SDナビゲーションシステム等を紹介する模様。

トヨタ初となる11.6インチ大型ディスプレイには、ナビやオーディオ、空調などの様々な情報を集約。

動画を見るにはこちら

フルHDによる高精細表示で視認性を追求したほか、スマートフォン感覚の直感的な操作が可能。

ナビ機能は縦長画面により、進行方向遠方まで見通せるとともに、オーディオやエアコンなど、他の機能と2画面を同時に表示することができます。

リアルな3Dグラフィックを使ったエネルギーモニターには走行中のエネルギーの流れがリニアに表現され、タイマー充電の設定や1週間分の充電スケジュール予約状況を見ながら予約の設定・変更が可能。

また日本モデルではルーフの大型ソーラーパネルで発電、駐車中に駆動用バッテリーを充電したり、走行中には駆動用バッテリーの消費を抑え、モーター走行距離を拡大、燃費の向上に貢献します。

今秋の発売を前に、日本で初公開される新型プリウスPHVをこの機会にいち早くチェックしてみてはいかがでしょうか。

(Avanti Yasunori ・画像:トヨタ自動車、CleanMPG)

【関連記事】

今秋発売の新型プリウス「PHV」詳細仕様が判明!【メカニズム編】
http://clicccar.com/2016/04/23/367802/

今秋発売の新型プリウス「PHV」詳細仕様が判明!【インテリア編】
http://clicccar.com/2016/04/22/367337/

今秋発売の新型プリウス「PHV」詳細仕様が判明!【エクステリア編】
http://clicccar.com/2016/04/20/367239/

新型「プリウスPHV」米国デビュー!EV走行距離が60km超に倍増
http://clicccar.com/2016/03/24/362218/

11.6インチ大型ディスプレイ搭載の新型プリウスPHV、日本で初公開!(http://clicccar.com/2016/06/12/378011/)