米中首脳のサニーランズ会談から3年になる。普通とは異なるあの会談で、両国首脳は新しい大国関係の構築に共に努力することで共通認識にいたった。資料写真。

写真拡大

習近平国家主席は6日、第8回中米戦略・経済対話と第7回中米人的・文化的交流ハイレベル協議の合同開幕式で「中米の新型の大国関係構築のためにたゆまず努力する」と題して談話を発表した。米中首脳のサニーランズ会談からちょうど3年になる。普通とは異なるあの会談で、両国首脳は新しい大国関係の構築に共に努力することで共通認識にいたった。(文:賈秀東・本紙特約論説員、中国国際問題研究院特別招聘研究員。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

過去3年間、両国は戦略面の相互信頼を意識的に強化してきた。サニーランズ会談、北京での会談、ホワイトハウスでの会談と両国首脳は戦略面の意思疎通を重ねた。習主席は米側に中国の平和的発展観、国際秩序観を体系的に説明し、中国の核心的利益に関わる問題における立場を伝えた。オバマ大統領は、平和で繁栄し、安定した中国の台頭を歓迎すると重ねて表明した。両国は各レベルの平常的な対話と意思疎通も継続した。

過去3年間、両国は実務協力を積極的に推し進めてきた。双方は2国間、地域、世界レベルの多くの分野で協力を繰り広げ、両国関係の新たな成果を後押しした。経済・貿易、投資、人・文化など従来からの交流や協力は過去最も活発になり、気候変動対策、エネルギー安全保障などグローバルな試練、および朝鮮半島の核問題、イランの核問題、アフガニスタン、シリアなど紛争問題においても緊密な調整と協力を維持した。

過去3年間、両国は溝や摩擦の管理・コントロールに努力してきた。米中間の90余りの対話・協議・協力制度の多くは溝の管理・コントロールや敏感な問題の扱いに積極的な役割を発揮している。サイバーセキュリティー、軍事的安全、海上の安全などの問題が日増しに際立つ中、両国は中米戦略・経済対話の大きな枠組で、サイバーセキュリティーや宇宙の安全など新たな分野の対話制度を設けた。両国は海上衝突回避規範も策定した。これは双方が軍事分野で危機を管理・コントロールし、リスクを防ぐ重要な措置だ。

中米関係の得た積極的な進展を語るのは、問題をうやむやにするためではない。ASEAN地域フォーラム(ARF)外相会議やアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)などの場で、米中両国代表は南中国海問題をめぐり舌鋒鋭く論争し、対立した。一方、米中戦略・経済対話及びその枠組内の協議では、両国代表は再び穏やかに各分野の協力について意見交換し、共通認識にいたった。実際のところ、さながら隔世の感があるこのような場景は、まさに米中関係の複雑性を反映している。数10年の間、両国関係は曲折や起伏を経ながら前進したのである。同様にここ数年間、米中は対話を継続し、協力を拡大しているが、問題やトラブルも依然多く、特に戦略レベルの競争要素が増大している。

進展のみを見ては、米中関係を盲目的に楽観視してしまう。トラブルのみを注視しては、両国関係に対する自信を失ってしまう。新しい大国関係の構築を打ち出したのは、両国関係に存在する問題に真っ直ぐに向き合い、両国関係の積極的な発展を建設的態度で後押しするものだ。米中は協力と競争が併存する状態が長く続いている。両者が入り交じって存在する状況は今後も続くだろうし、さらには一層複雑化さえするだろう。この状態は新しい大国関係を構築すれば解消されるものではない。重要なのは、両国協力のたゆまぬ拡大と深化を確保し、溝や摩擦が制御不能になるのを防ぎ、悪質な競争に陥るのを避けることだ。両国間の競争は悪質ではなく良好なものでなければならず、互いに足を引っ張り、足をすくってはならない。協力が競争より大きく、共通認識が溝より多い状態を確保しさえすれば、米中関係はたゆまぬ前進的、上昇的発展軌道を維持するだろう。

米中関係の発展はこれまで順風満帆ではなかったし、今後の新しい大国関係構築も平坦な道とはいかない。だが長年、米中両国首脳は頻繁に接触し、閣僚級高官数10人が毎年同じテーブルについて両国関係の重大な問題について話し合い、相互信頼の強化、協力の拡大、溝の管理・コントロールに尽力してきた。これら全てに、人々が米中関係を楽観視し続け、自信を深めている理由がある。(提供/人民網日本語版・編集NA)