最近増えていると言われている「6月病」。あなたは悩んでいませんか?

「6月病」とは、連休明けころに無気力状態に陥ってしまう「5月病」が長引いたもの。やる気を喪失し、仕事や学校を休みがちになる心身の不調(適応障害)を言います。原因は「5月病」同様に「ストレス」と言われているようですが、几帳面だったり真面目で考え込みやすいタイプの人がなりやすいみたい。以下の症状が長引いたら要注意ですよ!!

<6月病の症状>
食欲不振、睡眠障害、暴飲暴食、腹痛、吐き気、めまい、便秘・下痢、疲労感、肩こり、イライラ、不安感、集中力・やる気の喪失など

そんな「6月病」に悩む人に朗報が! 

和菓子とコーヒーの組み合わせが6月病対策におすすめ

日本TMS研究研修センター理事長・杏林大学名誉教授の古賀良彦先生の協力のもと、和菓子とコーヒーを1週間摂取することによって脳の活性度に変化があるかどうかを試す実験で、「和菓子とコーヒーが6月病に効く」ということがわかったのです。

コーヒーというと洋菓子を思い浮かべがちですが、実は和菓子との相性も抜群!

脳の活性化を調べる実験は、40〜50代の男女12名のうち、コーヒーと和菓子を1週間続けて摂取する6名と、コーヒーと寒天を1週間続けて摂取する6名に分け、摂取後に計算トレーニングを実施し、脳血流量を測定。その結果、コーヒーと和菓子を摂取した場合は、計算時の脳血流量が顕著に増加、さらに継続摂取によって集中力が高まり、心理検査のポジティブさの項目(前向きになる、元気がでる、プラス思考になる)でいい結果が出ることがわかったのです。

全ての項目において、「和菓子」に効果があることが明らかに。

無料で珈琲と和菓子が楽しめる『珈琲・和菓子展』は6月15日に開催!

今回の研究結果から、体にもいい組み合わせとして注目されるコーヒー&和菓子。その新しい食べ方を提案してくれる「珈琲と和菓子の出会い」イベントが、2016年6月15日(木)東京・表参道ヒルズにて開催されます。イベントでは、全国の金賞和菓子が一堂に会し、一般の来場者にも全国の金賞和菓子とそれに合う珈琲「AGF〈煎〉」の出会いが楽しめるというもの。すべて無料なのでぜひ行ってみてはいかが!?

無料で和菓子とコーヒーがいただけます!数量限定なので急いで!!

『珈琲・和菓子展』
【日時】2016年6月15日(水)12:00〜19:00(予定)
【場所】表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー (東京都渋谷区神宮前4-12-10)
【内容】和菓子・コーヒー試食ブースにて全国から発掘された珈琲にあう和菓子と、珈琲を一緒にお楽しみいただけます。
【入場料】無料
【ホームページ】http://sen.agf.jp/award/