梅雨の時期はうねりが気になる…

写真拡大

梅雨などの湿気が多い季節に、もっとも気になることといえば、髪のうねりや広がりではないでしょうか?家を出たときにはバッチリでも、目的地に着くころにはもわもわ&チリチリに……!そんな髪で一日中過ごすのは憂鬱ですよね。自宅とサロンでひと工夫して、湿気に左右されないヘアスタイルを作りましょう。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ なぜ髪は湿気でうねったり広がったりするの?

◎ ダメージがあるから

実は、傷んだ髪ほど湿気の影響を受けやすくなります。髪の表面はキューティクルで覆われていて、積み重なったダメージによってところどころ剥がれています。この剥がれた隙間から外気の水分が入りこみ、髪が膨潤するのですが、ダメージによって膨潤の仕方にムラが出るため、うねりが起こるといわれています。そして、このうねりが重なったものが広がりとなって現れるのです。

◎ クセがあるから

クセ毛の人は、雨の日だといつもより波状が強くなってしまいますよね。クセのある髪は、直毛に比べると髪表面の油膜がないことが多く、親水性(水となじみやすい性質)に傾いています。ですので、外気の水分を取り込みやすく、ダメージのある場合と同じようにムラになった膨潤でうねりが現れます。さらにクセ毛は髪の断面が円ではなくいびつな形をしていて、それがうねりを増長し、大きな波状やねじれになるといわれています。このように、ダメージやクセがあると湿気の影響を受けやすいですが、じっくりケアをしたりひと手間を加えたりすることで、うねりや広がりを最低限にとどめることができます。それでは次で、湿気に負けない髪をつくるためのヘアケアを、自宅とサロンとのものに分けて見ていきましょう。

■ 自宅でできるヘアケア

スタイリングのカギを握るのは、何と言ってもお家でのケア。どれも特別な手間や費用がかかるものではないので、明日からでも始めてみましょう。

◎ インバス&アウトバストリートメントをていねいにつける

ダメージの修復は湿気に負けない髪づくりの第一歩です。お風呂でトリートメントをするとき、コームでとかしてから時間を置いていますか?トリートメントをただパパっとつけるのと、しっかりなじませるのとでは、仕上がりに格段の差が出ます。細かい目のくしだとキューティクルを傷めてしまうため、粗い目のものを選び、毛先から中間の順にていねいにとかしましょう。そのうえで手のひらで毛束を軽く握り、深く浸透させればバッチリです。そしてアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)は、ドライヤーを乾かす前と後の両方でつけるのが効果的です。特に前につけるのが重要で、これにより熱ダメージから髪を守り、適度な水分量を保ちながら乾かすことができます。つける量もポイントで、少ししかつけないとトリートメントの実力が発揮されません。ミディアムヘアなら、500円玉大の量を2回ほどつけるのが目安です。

◎ 乾かし方を工夫する

時間がないから、乾かすのが面倒だから、と根元までしっかり乾かさずに終わりにしていませんか?実は、それが広がりの原因になっているかもしれません。髪は、「水分が蒸発するとき」と「熱が奪われるとき」に形状を記憶するため、このふたつのポイントを押さえないと、湿気によってうねったり広がったりしてしまいます。髪を乾かすときは、根元から毛先までしっかり乾かし、全体が乾いたら上から風をあてて髪を引っ張りながら乾かしてハンドブローしましょう。そして、仕上げに冷風をまんべんなくあてるのを忘れないようにしてください。豚や猪などの毛を植えたブラシでブローすると、さらにまとまり感がアップします。

◎ アレンジする

ブローの手間を省いて、すっきりヘアで過ごしたいときは、アレンジをするのがおすすめです。うねりや広がりは、顔まわりにあるとうっとうしく感じてしまうため、サイドをすっきりさせたスタイルを選んでみましょう。編みこみが苦手な人でも、アレンジしやすいのがツイスト。バレッタなどのヘアアクセサリーをつけると、さらに華やかさがアップします。

【アレンジのやり方】
・1:センターでジグザクに分け目をつくる
・2:片方のサイドの生え際から耳前の髪を分けとり、上に向かってねじって後頭部にピンで留める
・3:逆サイドも同じようにねじり、ピンで留める
・4:後頭部の毛束をところどころ引き出し、ふんわりさせる
※ タイトなツイストはやわらかい雰囲気が出づらいため、空気感を意識してゆるめにねじります。

【アレンジのやり方】
まだまだ人気のくるりんぱアレンジも、手軽につくることができます。一見とても凝って見えますが、実際は「くるりんぱ×結ぶだけ」のシンプルなステップです。
・1:ハーフアップの要領で、上側の髪を耳より高い位置でひとつに結ぶ
・2:ゴムを少しゆるめ、根元側の髪を縦にふたつに割る
・3:割った間にテールを上から通し、後頭部やツイスト部の毛束をところどころ引き出し、ルーズ感を出す
・4:3のテールと下ろしていた髪をあわせ、ひとつに結ぶ
・5:テールから細い毛束をとって、ゴムに巻きつけて隠し、ヘアアクセをつけて完成!
※ 貧相な仕上がりにならないように、くるりんぱする毛束は高めの位置で結ぶのがポイントです。

■ サロンで行うヘアケア

◎ 髪を梳いてボリュームを減らす

乾かしただけでも髪がもわっと広がってしまう人は、毛量が多すぎる可能性があります。表面は質感が悪くならないように避け、ハチより下の髪を減らしてボリュームダウンさせましょう。とくに、耳後ろから顔まわりにかけてをていねいに毛量&質感調節すると、見違えるほどすっきりします。

◎ ストレートパーマをかける

何をやってもうねりや広がりがおさまらない。そんなときはストレートパーマをかけると良いでしょう。ストレートパーマはもともとはパーマ落としのための施術ですが、最近では縮毛矯正より自然な仕上がりで、かつうねりや広がりが適度に落ち着くと人気を集めています。とくに満足感が得やすいのが、化粧品登録がされている「システアミン(代表的な商品名:COSME CREAM)」という薬剤で、クセを伸ばす〜ボリュームダウンまで、幅広い悩みに対応できます。システアミンはダメージケアを重視するサロンならほとんど扱っているはずですが、もし不安な場合は、予約の際に「システアミン(COSME CREAM)でストレートパーマをかけたい」と伝えると良いでしょう。

■ 湿気によるもわっとヘアにさよならしよう!

「湿気は、もうどうしようもないから……」を諦めるのはまだまだ早いというもの。髪をばっさり切ったり、極端にまっすぐにしたりしなくても、快適なヘアスタイルをつくることができます。ここで挙げたケアを取り入れて、ジメジメした時期もストレスフリーに過ごしましょう!

(著:nanapiユーザー・tsubaki 編集:nanapi編集部)