人生お先真っ暗!知らないとヤバい「ダメ夫」に共通するポイント4つ

写真拡大

もちろん完璧な夫なんて、この世に存在しないことは誰でもわかっています。

自分だって完璧ではないし、相手のいいところも悪いところも全てひっくるめて好きになって結婚したはず。いいところに注目して欠点は大目に見ておかないと、結婚生活は長続きしませんよね。これは夫も妻もお互い様。

でも、“欠点=ダメ夫”ではないことに注意が必要です。いわゆる、ダメ夫と一緒にいてはあなたの人生お先真っ暗かもしれないのです! さて、ご自分の旦那様がそうでないかどうか知りたくはありませんか?

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外情報サイト『the Asianparent』などの記事を参考に、“ダメ夫に共通するポイント”4つをご紹介します。

ちょっとでも思い当たる人は、さっそくチェクしてください。

 

■1:配慮がなく無関心

何をやるにもあなたのことを気にかけず、自分中心に物事を運ぼうとする夫を指します。

デートで映画を観る時も、レストランで食事をする時も自分の好きなものばかり、具合が悪くてもいつも通り家事をさせられる、など。

こういう妻への配慮に欠ける行動、妻への無関心は、「自分は愛されていないんじゃないか?」という不安を募らせ、2人でいても孤独を感じてしまうでしょう。

 

■2:非協力的

自分はちゃんと働いて毎月お給料を入れているんだから、夫としての役目は果たしている! といわんばかりに、家事や育児を妻に丸投げするのがこのタイプです。

また逆に、家族の生活のために、働いて稼ぐことをしないタイプも同じといえるでしょう。

家庭のことは夫婦2人で相談し、協力しあってやっていくもの。得手不得手もあるでしょうから一概にどちらが何をやるかは決められませんが、話し合うこともなく一方に負担を強いるのは決して良好な夫婦関係とは言えませんよ。

 

■3:嫉妬深い

妻のことが好きだから、ではなく、妻のことが信じられない時にこそ夫は嫉妬深くなり、妻のやることなすこと全てに懐疑的になります。

このタイプの夫は、妻の夢や仕事のキャリア、その他すべてを台無しにしてしまうかもしれません。というのも、そうすることで妻が自分の監視下にいると感じ、安心するからです。

自由を奪われて足を引っ張られるくらいなら、離婚を考えたほうが幸せかもしれませんね。

 

■4:ウソつき

世の中には良い嘘と悪い嘘があるといいますが、このタイプは大人になりきれていない、つまり子どもと一緒であらゆる嘘を平気でつきます。

しかもすぐにバレてしまうような下手な嘘で、その場を取り繕おうとするのです。

しかし子どもと違ってタチが悪いのは、そんな感じで浮気をしてもすぐにバレるのに懲りないということ。一度でも嘘をつかれたら、夫婦の信頼関係には亀裂が入りますよね?

信頼関係あっての夫婦というものです。こんな人とは一緒にいても満足いく結婚生活は保障できません。

 

以上、“ダメ夫に共通するポイント”をご紹介しましたがいかがだったでしょうか? あばたもえくぼ、では済まされないダメ夫の特徴。

万が一、あなたの旦那様にあてはまっていたらしかるべき手段を考えたほうが良いかもしれませんよ。ちょっと考えてみましょう!

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ もう爆発寸前!「夫へのイライラ」で離婚を考えた妻49%…では夫は

※ あなたの旦那が「実は素晴らしい旦那なのか」を確かめる方法3つ

※ こんな暴言は要注意!「旦那の心を折ってしまう」夫婦喧嘩のNGフレーズ3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 日焼け止めだけじゃダメ!『メディパラソル』で内側から紫外線をケア

※ 短期間で-8kgも夢じゃない!? 夏前の裏ワザダイエット

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 通勤中の紫外線もカット!シミを作らせない「食べる日焼け止め」3つ

※ あー大嫌い!「姑のムカつく行動」2位子育てにダメ出し、1位は

 

【参考】

※ 7 things terrible husbands have in common - the Asianparent

 

【画像】

※ Rina / PIXTA(ピクスタ)