いよいよFIA世界耐久選手権(WEC)シリーズ最大の注目イベントとも言える、第84回ル・マン24時間レースが始まります。

1

レースに先駆け、65日(日)に公式テストが行われました。規則により燃料消費量が約10%削減された中、TS050 HYBRIDがこの日にマークしたベストタイムは、昨年のテストデーでのタイムを2.124秒も上回る結果に。また、2台のTS050 HYBRIDはトータルで179周、2440kmを走行し、信頼性の高さも示しました。

そんなTOYOTA GAZOO Racingチームからコメントが届きました。

■佐藤俊男(TOYOTA GAZOO Racingチーム代表)

ル・マンは我々にとって1年のハイライトであり、シーズン前からこのレースに焦点を当てて全力で準備を続けて来ました。ル・マンは車両の性能だけでなく、ドライバーを含めたチーム全員の総合力が求められるレースです。困難な状況においてもミス無くベストなパフォーマンスを引き出すことが重要であり、それが結果に繋がります。勿論、全てのLMP1-Hマニュファクチャラーがそうであるように、我々にとっても最終目標は優勝であり、その戦いに向けた準備は整っています。長い戦いの後に来るゴールを見据え、常に的確な判断と最大限の集中力をもって24時間を戦い抜きます。」

■中嶋一貴(TS050 HYBRID 5号車) 

「ル・マンはいつも感動的なイベントです。2012年に初めてレースに参加した時のことを思い出します。そのスケールと雰囲気、特にレーススタート直前は信じられないほどエキサイティングでした。これまでのモータースポーツでは経験したことのない思いを感じました。コースもとても楽しめるもので、ドライバーにとっては真のチャレンジです。最高速に達する長いユーノディエール・ストレートや、多くの高速コーナーは本当に運転していて楽しいです。私の準備は整っており、レースウィークを迎えるのがとても楽しみです。 」

■アンソニー・デビッドソン(TS050 HYBRID 5号車)

「今年もレースウィークが始まるのが待ち切れません。ル・マンは全てのドライバーが勝利を望むレースであり、我々もそのために冬の間からハードなテストをこなして来ました。ル・マンは我々のTS050 HYBRID 5号車にとって新たなシーズンのスタートとしての挑戦と言っても良いでしょう。」

■セバスチャン・ブエミ(TS050 HYBRID 5号車)

「ル・マンへの挑戦には毎回気分が高まります。コースは素晴らしく、レースウィークは常に素晴らしいことばかりです。テストデーでのTS050 HYBRIDには好感触を得ました。前戦スパでも上位を争えることを示せましたし、昨年に比べて大きな進化を遂げており、今年は良い戦いが出来ると思います。まだ練習走行や公式予選でTS050 HYBRIDの全ての性能を引き出すためにやるべきことはありますが、ここまでの印象は良好です。」

■小林可夢偉(TS050 HYBRID 6号車)

「我々は皆このイベントを楽しんでおり、シーズン初頭から楽しみにして来ました。初めてこのコースを走った時には驚きました。レイアウトは素晴らしく、他の公道コースと比較しても路面状況もグリップも良好でした。ル・マン24時間レースは確かに世界有数のレースであり、そこで戦えることを誇りに思います。このレースで、日本人ドライバーとして、日本のチームで勝てれば最高だと思います。特に、私にとってはトヨタでの初のル・マンです。ライバルとは僅差であり、勝利を目指して挑戦出来ると考えています。」

■ステファン・サラザン(TS050 HYBRID 6号車)

「ル・マンは多くの歴史を持つシーズン最長のコースであり、ここを走るのは特にフランス人ドライバーにとっては素晴らしいことです。ル・マンで良いレースを戦うためにこの1年ずっと働いて来ました。これまでに30時間にわたる耐久テストを何度もこなして来ており、レースへの準備は出来ています。今年我々はチャレンジャーですが、多分良い位置に付けられるはずです。今年のル・マンはエキサイティングなレースになると思いますし、戦える自信があります。」

■マイク・コンウェイ(TS050 HYBRID 6号車)

「これまで、我々は数千kmにわたるテストをこなして来ましたが、公式練習でのロングスティントや、公式予選での全開走行を行うまでは、真の競争力を測ることは出来ません。全てのLMP1-Hクラスのライバル達が昨年に比べ、本当に大きな進化を遂げています。その差が小さいことは分かっており、真の実力はまもなく明らかになるでしょう。」

6月18日(土)午後3時(日本時間午後10時)から24時間の耐久レースがスタートします。トヨタの活躍に期待したいですね。

(yuri)

ル・マン24時間初制覇に挑むTOYOTA GAZOO Racing(http://clicccar.com/2016/06/12/377840/)