「満たされるセックス」をするための3つの禁止事項

写真拡大

憧れていた人や好きな相手とのセックス。でも、なんだか心は満たされない…。そんな悩みを抱えている人は意外と多いのではないでしょうか。

『恋とセックスで幸せになる秘密』(二村ヒトシ著、山本直樹イラスト、イースト・プレス刊)では、現役AV監督である著者の二村ヒトシさんが、恋やセックスにまつわる様々な悩みに答えています。

では、好きな相手と「いいセックス」をするためにはどうすればいいのでしょう。

ここでは、やってはいけないことを3つ紹介したいと思います。

■セックスを恋愛の「エサ」にしない

体の関係を持つことを恋愛の「エサ」にしていませんか?

「相手の気を引きたくて」「早く恋人同士になりたくて」「将来の保障がほしくて」といった理由で精神的なつながりを十分に持てないままセックスをしてしまうと、快感を味わうどころか、不安感が増してしまいます。

「自分を安売りするな」「すぐに体の関係を持つのはよくない」という考え方も、セックスをで「エサ」ととらえているという点では同じ。

体の関係を持つときは、「その人とセックスすると安心できるかどうか」を基準にして考えてみるといいかもしれません。

■心の穴はセックスでは塞がらない

セックスをすると心の穴が塞がったような気がするものですよね。でも著者によると、それは「心の穴が塞がったような気がしただけ」。

たとえどんなに愛しあえて、その瞬間は満たされたとしても、それで「さみしさ」や「劣等感」といった心の穴が永遠に消えるわけではありません。

著者によると、セックスは「お互いの心の穴に触れる」行為。一時的に心の穴を塞いだ気持ちになっても、決して「心の穴を埋められる」ものではないのです。

■「あたしMなんです〜」は禁句

飲み会などの場でよくいるのが、軽いノリで「あたしMなんです〜」と自己紹介する女性。でも、著者によると、そんな女性は、本当は「M」なのではなく「愛され願望が強い、かまってちゃん」なのだとか。

また、そんな「なんちゃってM」の女性に近寄ってくる「自称S」の男性も、女を愛さないままセックスをしたいだけのただの「ヤリチン」であることが多いといいます。

もし「支配されたい」という欲求があるのなら、自分の『支配されたい』という気持ちを肯定してくれて、あくまでセックスの中でだけの「遊び」として、あなたを支配してくれる男性を選ぶといいかもしれません。

恋愛やセックスは、本来楽しいはずのもの。もしセックスをすることが「苦しい」と感じているなら、それはセックスに間違ったものを求めてしまっているサインかもしれません。

そんな人は、ぜひ二村さんのアドバイスを参考にしてみてください。

(新刊JP編集部)