10日、京華時報は記事「マフィアのボスの釈放動画は自作自演だった、結婚プランニング企業が企画」を掲載した。中国のネットを席巻した話題の動画は、実は結婚プランニング企業によって企画されたものだったという。

写真拡大

2016年6月10日、京華時報は記事「マフィアのボスの釈放動画は自作自演だった、結婚プランニング企業が企画」を掲載した。

【その他の写真】

5月23日、「マフィアのボスが大得意に出獄」と題した動画が中国のネットで話題となった。黒Tシャツの男たちが出迎え爆竹が打ち鳴らされるなか、マフィアのボスは意気揚々と刑務所から出てくるという内容だ。社会秩序を乱すとして警察はただちに捜査を行ったが、意外な事実が判明したという。

実はボスを出迎えたのはマフィアの手下ではなかった。釈放される程幼澤(チェン・ヨウズー)がにぎやかに出迎えてほしいと家族、友人に連絡。結婚プランニング企業に依頼して準備を整えてもらったという。黒Tシャツの男たちはいずれも結婚プランニング企業の職員たちだった。

警察は出獄時のバカ騒ぎが「社会秩序騒乱罪」に当たるとして捜査を進めている。また出獄前に刑務所職員が便宜を図っていなかったかについても調査する方針だ。(翻訳・編集/増田聡太郎)