ゴーカー・メディアの破産、ピーター・ティールの報復

写真拡大

米オンラインメディア企業Gawker Media(ゴーカー・メディア)が、破産申告をした。ハルク・ホーガンのセックステープの一部を公開した記事を巡る訴訟で、同社はホーガン氏への1億ドル以上の支払いを命じられていた。この訴訟には、同社の報道姿勢に疑義をもつシリコンヴァレーの大物も関わっている。

「ゴーカー・メディアの破産、ピーター・ティールの報復」の写真・リンク付きの記事はこちら

オンライン・ジャーナリズムの先駆け的な存在であったGawker Media(ゴーカー・メディア)は、シリコンヴァレーの大物が資金を投じる訴訟に直面していたが、破産を申請し、身売りに至ろうとしている。

同社は6月10日(米国時間)、連邦倒産法第11条に基づく破産をマンハッタンの連邦破産裁判所に申請した。ハルク・ホーガンのセックス映像の一部を掲載したことに関する1億4,000万ドルの賠償金支払命令に対して、Gawkerが不服を申し立てているなかでの出来事だ。先月には、シリコンヴァレーの投資家でPayPal共同設立者のピーター・ティールが、同社サイトに対するホーガンの訴訟に資金援助をしていたことを明らかにしていた。

プレスリリースによると、ゴーカーはテック系パブリッシャーZiff Davisへの身売りに同意したものの、売却額は来月行われる見込みの裁判所監督による破産オークションの結果次第だという。「デジタルメディア界で最も厳格な経営が行われ、高収益を上げている企業の1つであるZiff Davisとの合意を心強く思う」と、Gawker創設者で最高責任者のニック・デントンは声明のなかで述べた。

RELATED

連邦倒産法11条は「再建型」の倒産としても知られる。これはつまり、時間をかけて債権者に債務を返済する計画を作成するために企業が予算を再編成することであり、通常は、資金を債務の支払いにつぎ込むための経費削減が行われる。この申請により、ホーガンの訴訟による裁判所の判決を含め、債権者からの取り立ては停止されることになる。会社は返済計画を策定するための時間を稼ぐことができ、売却をまとめるまでの間、ゴーカーは事業の継続やライターやその他社員への支払いを継続できるようになる。

一方、Ziff Davisとの買収契約は、破産オークションの最低価格を定めるものだ。ほかの入札者が、この会社にさらに高い価格を付ける可能性もある。

『Recode』が入手したZiff Davisのメモによると、同社はGawker Mediaが所有するテック関連サイトを「家電やゲーム分野における我が社の地位を高める」資産と見なしているようだ。またこのメモでは、Gawkerのその他いくつかのブランドを、Ziff Davisがライフスタイル分野の出版に事業を拡大するうえでの手段として言及している。メモは(ホーガンとの訴訟に直接関与している、Gawker Mediaのゴシップ系サイト)Gawkerについては言及していない。

破産申請の一環として、Gawker Mediaはその資産、負債、その他の収入に関する情報をすべて裁判所に提出するとともに、裁判費用として約1,700ドルを支払わなければならない。1月にコロンバス・ノバ・テクノロジー・パートナーズは、ホーガンとの裁判を前に、ゴーカーの少数株式を購入している。

Gawkerはセレブやメディアのゴシップを扱うブログとして2002年にスタートした。設立したのは、『フィナンシャル・タイムズ』のジャーナリストであったニック・デントンと、報道求人サイトと業界ブログを運営する『メディアビストロ』の元編集長であるエリザベス・スパイアーズだ。いくつかのソーシャル系スタートアップで金を稼ぎ、新しいプロジェクトをスタートさせたいと考えていたデントンが、スパイアーズの辛辣なブログのトーンに注目し、ニューヨークで交流をスタートした。それからすぐに、2人は今日のGawkerのようなゴシップニュースサイトの構築に取り組むこととなった。

スパイアーズは2003年にGawkerを離れたが、デントンは引き続きGawkerを成長させた。それから10年も経たないうちにメディア帝国へと姿を変え、ブログネットワークをつくりあげていった。知られているところでは、『デッドスピン』や『ライフハッカー』、『ギズモード』、『ジェゼベル』、『ヴァリーワグ』が挙げられる。

上記に挙げたうち最後の3つは、シリコンヴァレー関連のゴシップサイトで、いずれもテック業界の超大物を敵に回すことも恐れない存在だった。2007年、ヴァレーワグは、(ピーター・)ティールがゲイだと暴露する記事を掲載した。ティールは当時、自身のセクシャリティを秘密にもしていなかったと伝えられているが、同メディアの記事以前にはさほど大きく報道されたこともなかった。

aflo_GJVA035247

シリコンヴァレー屈指の投資家、ピーター・ティール。『ヴァリーワグ』は2015年で更新が停止している。ティールがゲイであるとする記事自体は、Gawkerに引き継がれている。PHOTO: PICTURE ALLIANCE/AFLO

この記事やその他の記事がきっかけとなり、ティールは「人々の人生を滅茶苦茶にした」ジャーナリズムだとして、Gawkerに対する全面的な訴訟キャンペーンに打って出ることになったと、先月『ニューヨーク・タイムズ』に語っていた。Gawkerを直接訴えるのではなく、同サイトに不満をもつほかの原告を秘密裏に支援したわけだ。

そして、そのなかの1人がホーガンだった。2012年、Gawkerの編集長A・J・ドーレリオが、元プロレスラーのハルク・ホーガン(本名テリー・ボレア)が親友の妻とセックスしている映像を掲載した。ボレアは映像を広めたとして同サイトを訴え、プライヴァシーの侵害だと主張した。3月に、陪審がボレアの主張を認め、損害賠償としてゴーカーに1億4,000万ドルの支払いを命じた。そして先月、ティールがボレアの訴訟に秘密裏に資金提供をしていたと『フォーブス』が報じた

「わたしは公共性の有無にかかわらず、人を貶めることで注目を集める独善的で信じられないほど有害なやり方を、Gawkerが切り拓いていくのを目にしてきた」と、ティールは『タイム』誌に対し、自身の関与を認めたインタヴューのなかで語った。「これは復讐というよりも、ある種の抑止効果を狙ったものだ」

いずれにせよ、今日の破産申請で彼は復讐を遂げたということなのだろう(この記事は、ジェニファー・ショセ、マディソン・コタック、グレゴリー・バーバーが追記をしている)。

※ Gawker Mediaの『ギズモード』の日本版では、「公平な報道が必要とされるテクノロジー企業が存在する限り、Gizmodoも存在し続けます」とする米ギズモード編集長のケイティ・ドラモンドのコメントを翻訳・掲載している