毎日入るお風呂ですが、1日の中で最もお肌が乾燥するのがバスタイム後だということを、ご存知でしょうか?今回はお風呂上りに取り入れたいポイントを交えながら、その仕組みに迫ってみたいと思います・・・!

○乾燥はタオルドライから始まっている
お風呂に入ると、水分がいっぱいで潤いが保たれる!というようなイメージはありませんか?私自身とても意外な発見だったのですが、お風呂上りが最も乾燥するという事実があります。

通常のお肌状態を100と表した時、シャワーを浴びたり湯船に浸かっている時には水分量が約200くらいまでになります。つまり倍近くに水分量が増えているということなんです。

しかし、お風呂から出てたタオルドライを始めると、肌の温度が上がった状態で湿度が一気に下がるため乾燥が始まります。「過乾燥」とも呼ばれますが、入浴後の約20〜30分で、通常の水分量に比べてマイナス50〜100ほどに。火照った肌をそのままにしておくと、乾燥が進んでしまうということがお分かり頂けるのではないでしょうか。


○入浴後にすべき2つの事
上記のことを踏まえまして、入浴後に意識したいことを考えてみたいと思います。

1. 保湿成分の入ったミスト→ボディークリーム
2. ミネラルウォーターで水分補給

私が行っているお風呂上りケアは、この2つが中心です。特にこれからの季節は温度も上がるので、お風呂上りにいきなりボディクリームを塗っても汗でベタベタになってしまいますよね。

そこでオススメなのが、保湿成分の入ったボディーミストを吹きかけること。ミスト式の化粧水なら、体をクールダウンさせながら保湿することができるので一石二鳥を果たしてくれますよ♡

そしてミネラルウォーターは必須。私は2リットルのペットボトルをたくさん常備していますが、お風呂上りは特に体の中から水分補給がポイントです。


○最後に
これからさらに暑くなる季節。お風呂上りの保湿ケアを忘れずに、乾燥からお肌を守ってあげてくださいね♡

Photo by fotolia