よかれと思って言ったのに…男子に使うと逆効果になる「褒め言葉」4つ

写真拡大

「それ、褒め言葉になってないから!」という言葉でムッとした経験のある女子の方、多いのではないでしょうか。

ですが、男子はもっと複雑。ゆとり世代男子には、特に気をつけたい「実はNGな褒め言葉」が存在します。ただし、使い方を変えれば一概にダメなわけではなさそうです。効果的な使い方も含めてチェックしていきましょう。

NG褒め言葉1「若い」

「実年齢より若い」と言われて嬉しいのは、女性や子持ちの既婚者、おじさま世代。独身ゆとり世代男子は、まだまだ大人に見られたい年頃なので「若い!」はNG褒め言葉です。

ただし、顔ではなく体への感想なら大歓迎のよう。これからの季節、海やプールで鍛え上げられた上裸のゆとり男子を目にしたら、「体めっちゃ若い!キレイ!」と褒めてみては?普段どれだけ頑張ってトレーニングしているか、嬉しそうに語り始めるはずですよ。

NG褒め言葉2「可愛い」

こちらも、「顔が可愛い」という意味では使わない方が良いNG褒め言葉。これはゆとり世代に限らず、男子なら基本的に嫌がる褒め言葉のようです。言われて喜ぶのは、一回り・二回り年上の男性くらい。「まだまだ俺も若い世代と仲良くできるんだな」と思わせてあげたいときに使用してください。

ゆとり男子の場合、「○○くんって、私服いつも可愛いよね」など身につけているものを褒めるときに使うのはOK。センスを褒められるぶんには嬉しいそうなので、こんな風に使ってみてはいかがでしょうか。

NG褒め言葉3「細い」

アラサー以上の男子になると、「細い」は体系を保っているという意味で褒め言葉になりますが、ゆとり世代の本当に細い男子には、「細いね」は、厳禁!体質的に筋肉がつきにくく、努力しているのにうまくいかない……という男子に言ってしまうと、かなりダメージを与えるようです。

「俺、最近すごい太ってきて……」という言葉に「えー、全然細いよ!」と返すのはアリですが、それ以外ではあまり言わない方が良さそう。体型を褒めるときには「良い体してるね!」と言うと大体どんな人にでも対応できるので、覚えておいておくと良いかもしれません。

NG褒め言葉4「真面目」

「〇〇くんって真面目だよね」という褒め言葉も、ゆとり世代にはちょっと際どいセリフ。なんとなく上から目線に聞こえることと、「真面目=つまらない」と言われているような気分になってしまうからなんだそう。

「真面目」ということを褒めたいときは、別の褒め言葉に加えると効果的!「〇〇くんって面白いのに、仕事に関しては真面目ですごいよね」「〇〇くんってふざけてるように見えて実は真面目だよね」のように使ってみてください。真面目とだけ言われると「良い人どまりか……」という印象を与えてしまいますが、真面目かつ何か別の褒めポイントがあると「俺ってそんなにすごい?」といい気分になってくれますよ。

「こんなに気を遣わなきゃいけないなんて、男子めんどくさい……」と思ってしまうかもしれませんが、逆に言えば、他の女子との差を上手くつけられるポイントにもなります!ここぞというタイミングで、気になる男子に使ってみては?