「子育てしながら議員を続けるのはおかしなことですか?」産休明け、金子めぐみ議員が語る(後編)

写真拡大

自民党の金子めぐみ衆議院議員が、2月に無事長男を出産、約2か月の産休を終えて国会復帰した。

不倫問題で議員辞職した夫の宮崎謙介氏のことはどう考えているのか? また、日本で女性議員が子供を持つということはどういうことなのか。母の目線から考える必要な政策とは―。金子めぐみ議員に話を聞いた(前編はこちら)。

谷本有香(以下、谷本):夫の宮崎さんの「育休宣言」も世間で大きな議論を呼びました。賛否あったものの、男性の育休取得に関する問題提起につながったと思います。党内では育休の勉強会も結成し、積極的に政策を推し進めようとしていたそうですね。

金子めぐみ(以下、金子):宮崎の件でみなさんにご迷惑をおかけしましたこと、重ねてお詫びいたします。ネットや報道関係、マスコミの方々も、今回の件をたくさん話題にしてくださいましたよね。賛否でいうと否定的な反応のほうが多かったとは思いますが、みなさんが考えるきっかけになったのであれば、本当に救いになりますし、彼が育休宣言をした意義はあったのだと思います。

否定的な意見を拝見していると、国会議員が「育休」、つまり、休みを取るのはどうなんだ、と表面的な捉え方をされていることが多いように思います。「男性は外で働くもの」という考えが根強く残る中、ましてや国から給与をもらって働く国会議員が仕事を休むのか、という声が批判の中でも大きかったんですね。

やはりマスコミの影響は大きいので、宮崎もどのように報道されるかを考えて発信すべきでした。騒動後、少しずつブログ等で説明してはいますが、最初に「国会議員、子育てのために仕事を休む」と報道されてしまったことで、その部分だけが注目され、拒否反応につながってしまったのではないかと思います。

実際には、重要な会議には出席し、自宅で育児をしながらできることは在宅で行うつもりでおりました。男性が「仕事」と「育業」を両立できるよう、そのきっかけ作りとして、まずは官より始めよう、そのための育児宣言なのです、というような言い方をすれば良かったのでは。

今後男性の育休取得を推進していくにあたっては、育児「休業」ではなく、育児「業務」に参加する時間を作るための機会と捉えて、「育児参加」もしくは「育児業務」と呼ぶなど、名称変更も視野に入れていきたいと考えています。

現状のままではおそらく男性の育休取得率を上げるのは難しいと思いますし、まだこれから取得したい人が取得しやすい制度をつくっていく段階です。キャリアのことを心配される男性の方々は、今回のことを見て「やっぱり難しいな」と引いてしまったような気がするので、もっと議論を重ねていきたいですね。

谷本:今後、政策として取り組んでいきたいことはありますか?

金子:やはり女性の産休・育休問題です。自分自身が経験したこともあって、何とかしなければと切実に感じています。県や市、国や地方という枠組みを超えて、日本のまだまだ変わりきっていない部分を、政治から一緒に変えていく仲間を集っていきたいと思います。

宮崎に関しては、報道で大きくバッシングされましたし、当然それだけのことをしたわけです。世間の期待を裏切ってしまったこと、何より選挙区である京都の皆さんの期待をあのような形で失って、議席も失うことになりました。結果として本人も志半ばで議員辞職しました。

私たち夫婦に対して、離婚しろと言われたりしますが、私自身も同じ議員という立場ですから、議員辞職ほど大きな決断ないと理解しており、今回のけじめはついたと考えています。今後、批判は私たち2人でしっかり受け止めていく覚悟もしています。

そのうえで今思うのが、一度の失敗で社会から抹殺されてしまったり、希望が叶えられない社会ではなく、失敗から何とか立ち直って再チャレンジできるような寛容な社会にしていかなければと思うようになりました。今回の件で学んだことは、非常に大きかったですね。

谷本:最後に、ただでさえお忙しい議員の仕事に加えて、育児もされていらっしゃる。どうやってストレスを発散させているのか教えてください。

金子:子どもの顔を見るのが一番です。やはり今回のことで産休明けに地元に戻ると、大変厳しい声をたくさんいただきます。主人のことに対しても、離婚しろと毎日言われ続けると、辛く悲しい気持ちになります。

悔しいなと思うことや、本当は言いたいこともあるけど、次の選挙もありますし、私は負けられないんです。ここで負けてしまったら、「やはり女性は子育てしながらでは当選できないんだ」ということになってしまいますから。

今もこれからも結果を出し続けて、認めてもらうことが、次の世代の女性議員を増やしていくことにつながると考えているので、選挙でみなさんや議員の方々に応援していただくためにも、今は何を言われても我慢だと思っています。

そうやって我慢した気持ちを溜め込んだまま家に帰っても、子どもの顔を見ると一気に癒されるんです。子どものおかげで、ストレスを発散するのではなく、上手く飲み込めるようになってきた気がします。本当に子どもってすごい存在ですね。よく「母は強し」って言いますが、本当にそうだなと。

aa
金子めぐみ議員(左)と谷本有香 フォーブス ジャパンWEB編集長(左)

谷本:本当にそう思います。全国のママさんが応援していると思います。

金子:ありがたいです。負けずに頑張ります。ありがとうございました。

金子恵美(かねこ・めぐみ)◎1978年新潟市南区(旧月潟村)生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、株式会社新潟放送に入社。新潟市議、新潟県議を経て、2012年総選挙で初当選、現在2期目(新潟4区)。衆議院総務委員会、消費者問題に関する特別委員会所属。自民党地方創生実行統合本部本部長補佐、女性局副局長などを務める。