中国の大手ポータルサイト「新浪網」によると、中国が戦闘機用エンジン「WS−13(渦扇−13)」の開発に力を入れている。パキスタンに輸出したJF−17(サンダー)に搭載するためだ。ただし、「無理だ」との見方を示すロシア人専門家もいるという。(イメージ写真提供:CNSPHOTO。2015年のパリ航空ショーで披露されたJF−17)サーチナ

米戦闘機エンジンなど中国への不正輸出を共謀 女が有罪判決

ざっくり言うと

  • 米司法省は11日までに、米フロリダ州在住の女が有罪判決を受けたと発表した
  • 戦闘機のエンジンや無人機の違法入手と中国への不正輸出を共謀したとされる
  • 8月に量刑が言い渡される見通しで、最大で禁錮20年が下される可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング