第19回中国北京科学技術産業博覧会において、「Transit Elevated Bus(TEB、巴鉄)」と呼ばれる発明が注目を集め、「空を走るバス」と呼ばれた。しかしながら鉄道シニアエンジニア、SF作家の王麟氏は、技術面の疑問点を挙げた。

写真拡大

第19回中国北京科学技術産業博覧会において、「Transit Elevated Bus(TEB、巴鉄)」と呼ばれる発明が注目を集め、「空を走るバス」と呼ばれた(以下、同バス)。しかしながら鉄道シニアエンジニア、SF作家の王麟氏は、技術面の疑問点を挙げた。北京日報が伝えた。

同バスの全長は60.6メートル、幅は8メートル、高さは4.5−4.7メートルで、4両つなげることができる。定員は1両300人で、4両編成の場合1200人。設計上の時速は60キロ、平均営業時速は40キロで、地下鉄とライトレールの営業速度に相当し、一般的なバスの倍以上だ。同バスは既存の都市部の道路を走行でき、かつ1階部分に高さ約2メートルのスペースを残しているため、普通乗用車が通過できる。その他の大型車は回避しなければならない。

多くの乗客をのせ、スムーズに移動できる。これは同バスの2つのメリットにすぎない。他にも公表された資料によると、同バスの総工費は地下鉄の16%と割安だ。電力で動くため、太陽光もしくは市の電力網から電力を確保できる。これだけでも、毎年860トンのガソリン消費を削減し、さらに二酸化炭素の排出を2640トン減らすことができる。これは省エネで環境にやさしい交通ツールだ。

◆立体交差という障害物

北京、上海、天津といった大都市における交通インフラは非常に複雑で、複雑に交錯する立体交差があちこちにある。立体交差は交差する部分で、通常高さ4.5メートルの空間を残す。これは消防車が通過できるようにするためだ。しかし同バスの関連資料によると、その高さは4.5−4.7メートルであるため、立体交差の通過はほぼ不可能だ。

◆都市部の道路では大きすぎて使用不可

同バスの定員は1200人で、自重を加えれば、地下鉄やライトレールとほぼ同等の重量になる。これほど大きなバスの乗客の安全を保障するためには、特殊な橋と道路の基礎が必要だ。立体交差を走れば、橋が崩壊しバスが転覆するだろう。

◆点検・駐車用の広い土地が必要に

この大型バスは一般的なバス停に入ることができず、点検と駐車のため専用の土地を選ぶ必要があり、さらに点検に必要な設備と人員を確保しなければならない。この全長60数メートル、幅8メートル、高さ4.5メートルの大型バスは、1台だけ運行するわけではない。駐車と点検を可能にするためには、どれほど広い土地が必要だろうか?

◆給電も問題に

市の電力網から給電する場合、給電・変電設備を作らなければならず、次の2つの選択肢がある。まずは第三軌条方式だが、開放的な都市空間では危険だ。地上の歩行者が1500ボルトの高圧電流に触れる可能性が高く、深刻な場合は死に至る恐れもある。次に架空電線だが、これにはすでに淘汰された路面電車の電線を再び都市部内に架設する必要がある。面倒なばかりか、都市景観を損ねる。

◆カーブは?

一般的な車は低速で、そのシャーシは小半径のカーブが可能だ。地下鉄とライトレールは、車両の下に台車があり、車両の方向をフレキシブルに転じることができる。しかも電車や地下鉄車両の幅も、わずか2メートルだ。それでは幅8メートルの同バスは、下にどうやって台車を設置するのだろうか?台車がなければ、どのようにカーブするというのか?(提供/人民網日本語版・編集/YF)