温かい言葉とともに届いた「ちどりやき」【甲斐みのり「おやつの時間」】

写真拡大

京都の友から、愛らしいお菓子が届きました。「先斗町駿河屋(ぽんとちょうするがや)」の、ちどりやき。どら焼き生地に、粒あんと求肥をはさんだ手のひら大のお菓子です。
その友は、昨年末に河原町丸太町に開店した書店「誠光社」のスタッフのひとり。現在は惜しまれつつも解散してしまいましたが、今年のはじめまでは「日菓(にっか)」というユニットで、和菓子づくりをしていました。京都と東京、離れてはいるけれど、ときどき一緒に旅をしたり、上洛するたび会うのを楽しみにしています。
「先斗町駿河屋」の愛らしい、ちどりやき
少し前、誠光社でおこなわれるトークショーにゲストとして参加予定だったところ、体調を崩して京都まで赴くことができませんでした。申し訳ないことをしたなあ......。しばらく胸を痛めていたところ、温かい言葉いっぱいの手紙とともに届いたお菓子。いまだ治りきっていないため、しばらくおやつも休み休みでいたのですが、今日は甘い薬を味わうように、ちどりをパクリといただきました。
私もまた、たんとおやつを抱えて京都へ行くからね!おやつのあとは、友へ手紙の返事を書きました。
[先斗町駿河屋,ちどりやき]

今日は、かわいい鹿サブレ #甲斐みのり さんの連載「#おやつの時間」。#おやつ #奈良 #鹿 #サブレ #お土産 #japanese #sable #shortbread #cookies #teabreak #sweets #mylohas_oyatsu #souvenir
MYLOHASさん(@mylohas_official)が投稿した写真 - 2016 5月 10 10:36午後 PDT

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!@mylohas_official フォローしてくださいね。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。