9日、韓国・MBCは、北朝鮮・平壌では金正恩委員長の指示により高層マンションの新築工事が行われているが、突貫工事による崩壊の危険が否めないと伝えた。写真は平壌。

写真拡大

2016年6月9日、韓国・MBCは、北朝鮮・平壌一帯では現在、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の指示により高層マンションの新築工事が行われているが、突貫工事による崩壊の危険が否めないと伝えた。

金委員長は国際社会による厳しい制裁にも揺らぐことのない北朝鮮の姿を示すべく、年内に70階建ての超高層マンションを建設するよう指示した。工事は平壌でこの4月に始まり、北朝鮮当局は「わずか1カ月で20階まで建設を終えた」として「奇跡の建設スピード」と宣伝している。昼夜問わず続けられる作業には住民や軍の兵士が労働力として動員されているが、こうした中、朝鮮中央テレビは「工期を大幅に短縮するための新たな工法を編み出した」とも伝えた。

しかしMBCは、この“急ごしらえ”の工事について「大型崩壊につながる懸念が強まっている」と指摘する。2年前、平壌で23階建てのマンションが崩壊しているのだ。この崩壊は、12年の金日成(キム・イルソン)主席の生誕100年に合わせるため、急ぎ多数の建設工事を行ったことが原因だったとみられている。また平壌には昨年53階建てのビルが半年ほどの工期を経て完成したが、電力事情によりエレベーターを動かすことができず、外部者の立ち入りが禁じられているとの情報もある。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せた。

「建てるだけ建てて宣伝はするけど、誰も住むことのない幽霊マンションになる」
「南北統一されたら僕らがまた建て直さなきゃならない」
「哀れだな」

「制裁にびくともしないことを高層ビルを建てて示すなんて、まるで古代社会だね。支配者の権力を見せつけるためにピラミッドを造ったのと同じじゃないか」
「数あるお笑いの中でも一番笑える北朝鮮の話題」
「崩壊したら担当者は処刑だね。実に単純な国だよ」

「南北統一の前にて手抜き工事の建物はつぶれててほしいな」
「電気の供給がなければ70階まで歩いて上がるの?」
「北朝鮮のマンションでは温水も出ないし暖房もないから、そりゃあ建てるのは簡単だよ」
「工期が短いほど建物の寿命も比例して短くなる」(翻訳・編集/吉金)