ウェディング向けのテンプレート

写真拡大

フランス発の会員制オンライン動画編集ツール「Kizoa(キゾア)」が、結婚式向けの動画作りに活用できる専用テンプレートを追加した。結婚式で良く使われる演出5種類を用意し、直感的な操作で簡単に手作りムービーの編集ができる。

結婚式の動画「自作派」は62%

キゾアは豊富な編集素材とシンプルな操作性にこだわった動画編集ツールで、会員登録すればソフトなどのインストール不要で、2000種類以上の豊富な素材を組み合わせてさまざまな動画やスライドショーを作ることができる。

2012年に日本語版でリリースされ、現在約11万5000人まで会員数を伸ばした。今後さらなる会員を獲得するため、ウェディングムービー素材など、日本特有のムービー活用シーンを踏まえたコンテンツを随時追加していく予定だ。

日本のブライダルシーンではすっかりおなじみのウェディングムービー。結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)が2015年に行った結婚トレンド調査によると、式中の演出に使う動画を手作りした人の割合は62%と高かった。ただ、いざ自作しようとなった時に戸惑う人は多いようで、Yahoo!知恵袋では「どのソフトを使えばいいかわからない!」といった質問が多数投稿されている。

今回キゾアで追加されたのは、日本のウェディングで特に良く使われる「オープニング」、「プロフィール」、「両親へのメッセージ」、「エンドロール」、「メモリアルムービー」の5種類のテンプレートだ。好みのテンプレートに使用する写真や動画を選んで追加するだけで簡単にムービーを作ることができる。音楽や効果、アニメーションなどもドラッグ&ドロップで自由に組み合わせ可能だ。

キゾアはすべての素材を使える無料プランのほかに、保管容量やダウンロードできるスライドショーの時間などによって異なる3種の有料プランを用意している。有料プランは月額制ではなく一度支払いをすれば期間無制限で利用ができる点が特徴で、パソコンの性能やOSのバージョン違いに関わらず使うことができる点も魅力だ。