10日、ジャッキー・チェンの最新主演作「SKIP TRACE(絶地逃亡)」の記者発表会が上海市で行われ、ジャッキー・チェンおよび女優ファン・ビンビンが出席した。

写真拡大

2016年6月10日、ジャッキー・チェン(成龍)最新主演作「SKIP TRACE(絶地逃亡)」の記者発表会が上海市で行われ、ジャッキー・チェンおよび女優ファン・ビンビン(范冰冰)が出席した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督がメガホンを取った「SKIP TRACE」が、中国で来月22日から公開される。10日の記者発表会には主演のジャッキーと、そのめい役を演じたファン・ビンビンが出席した。映画でジャッキーが演じるのは香港の元警官。米コメディアンのジョニー・ノックスビル演じるギャンブラーと、めいを救うため世界各地を駆け巡るというロードムービーだ。

ジャッキーの体を張ったアクションは健在だが、「それに自分も付き合わされた」とファン・ビンビンが語っている。とにかくリアルさを追求するジャッキーの指示で、水に漬かるシーンでは危うく窒息しかけたという。「彼の映画はスクリーンでは暴力的じゃないけど、舞台裏はとっても残酷!」とコメント。なお、ジャッキーはファン・ビンビンについて、「苦労も恐怖も物ともせず、体を張った演技ができる」と絶賛している。

発表会ではジャッキーがファン・ビンビンに対し、交際中の恋人俳優リー・チェン(李晨)をからかう意味を込めた扇子をプレゼント。その「おちゃめなオジさん」ぶりを、中国版ツイッター上では約3000万人が話題にし、映画に大きな宣伝効果を生んでいる。(翻訳・編集/Mathilda)