首位と2打差・6位タイに浮上した宮里藍(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<KPMG女子PGA選手権 2日目◇10日◇サハリーカントリークラブ(6,624ヤード・パー71)>
 ワシントン州のサハリーカントリークラブを舞台に開催されている米国女子メジャー『KPMG女子PGA選手権』。宮里藍は2日目を“70”でラウンドし、トータルイーブンパー・6位タイ浮上。首位と2打差の絶好の位置で決勝ラウンドに駒を進めた。
米国女子ツアーフォトギャラリー
 トータル2アンダー・首位に立つのは、スコアを2つ落としたものの首位を守ったブルック・ヘンダーソン(カナダ)と、9位タイから2つ伸ばして浮上したイ・ミリム(韓国)。1打差にはリディア・コ(ニュージーランド)、ブリタニー・リンシコム(米国)、ゲリナ・ピラー(米国)がつけている。
 日本勢は宮里美香がトータル3オーバー・23位タイ、野村敏京がカットライン瀬戸際のトータル7オーバー・56位タイで予選通過。トータル12オーバーの上原彩子、そして2日目に“82”と苦しいラウンドとなった横峯さくらは予選落ちとなった。
1位T:イ・ミリム(-2)
1位T:ブルック・ヘンダーソン(-2)
3位T:ゲリナ・ピラー(-1)
3位T:ブリタニー・リンシコム(-1)
3位T:リディア・コ(-1)
6位T:宮里藍(E)
6位T:オー・スヒョン(E)※アマ
6位T:ユ・ソヨン(E)
6位T:ティファニー・ジョー(E)
6位T:キム・インキョン(E)
23位T:宮里美香(+3)
56位T:野村敏京(+7)
CUT:上原彩子(+12)
CUT:横峯さくら(+16)
<ゴルフ情報ALBA.Net>