米軍がシリアで友軍を誤爆 米紙は「最も重大な失敗」と指摘

ざっくり言うと

  • 米WSJ紙が10日、米軍がシリアで反体制派部隊を誤爆したと報じた
  • 米国防総省の最近の取り組みにおける「最も重大な失敗」だと指摘
  • 中央軍がシリアでの友軍誤爆の可能性を認めたのは初めてという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング