先日国内発売が発表されたマセラティ・レバンテに続き、2016年6月9日にベントレー・ベンテイガが国内での導入が発表されました。

ここ最近、欧州プレミアムブランドが続々とSUV市場に参入し、高級化そして高価格化が進んでいます。

1

国産車のSUVで最も高価格なのが1100万円のレクサスLXです。

しかし、輸入車のSUVではレンジローバーSVオートバイオグラフィーが2858万円、今回発表されたベントレー・ベンテイガが2695万円。さらにポルシェカイエターボSが2251万円と2000万円オーバーのSUVは3モデルもあります。

先日マイナーチェンジで名称を変更したメルセデス・ベンツGLS 63AMGは1900万円で肉薄。これではマセラティ・レバンテSの1279万円が高くない!と感じてしまいそうです。

今回発表された高級SUV、ベントレー・ベンテイガのボディサイズは全長5150mm×全幅1995mm、全高1755mmです。車両重量は2530kg。搭載される6LW12気筒ツインターボエンジンは最高出力447kW(608ps)、最大トルク900Nmを発生。最大トルクは1250回転という低回転域から発生します。

組み合わされるミッションはZF製の8速ATで駆動方式はフルタイム4WDを採用し、最高速度はSUVで唯一300km/hを超えた301km/hを実現しています。

また、6LW12気筒ツインターボエンジンは一定の条件下では半分の6気筒を休止する可変シリンダーシステムを採用することで、従来のパワートレインと比較して11.9%も効率を向上させています。

ベンテイガは真のラグジュアリーと高い走破性を実現させるために、世界初となる電動式アクティブ・ロール・コントロール技術、48Vの電動アクティブ・アンチロール・バーを前後に採用しています。

従来のアンチロールバーでは車体制御のために、乗り心地が犠牲になることがありました。しかし新システムはどんしなときでも乗員の快適性を損なうことがないように対応してくれます。

さらにベンテイガはベントレーのパーソナライエーションとMullinerによる特別なオプションが用意され、エクステリアカラーやレザー、ウッドパネル、そしてライフスタイルに合わせたオプションなどが取り揃えられ、1台1台、オーナーの好みにあわせて仕立てられます。

ボディカラーは標準で17色。オプションを含めると最大で108色から選ぶことができ、車内のカーペットもオプションで15種類。そしてウッドパネルは7種類、インテリアを彩るレザーハイドは15種類と豊富なバリエーションを誇ります。

さらに、ベンテイガ発売と同時にアダティブ・クルーズ・コントロールやエレクトロナイトビジョンなど先進の安全装備をはじめ、6種類のライフスタイルに合わせたパッケージオプションを設定。

こうして自分の好みに仕立てて、オプションを装着すると、レンジローバーSVオートバイオグラフィーの価格を軽く超えてしまうのは必至です。ペンテイガはパフォーマンスだけでなく、装備そして価格もプレミアムSUVのトップに相応しいモデルと言えるでしょう。

(萩原文博)

2695万円は「遠慮した価格」?ベントレー・ベンテイガのスペックと装備に想う…(http://clicccar.com/2016/06/11/377844/)