卓球の練習を「スマート化」するロボット

写真拡大

ある卓球好きの兄弟が発明した「Trainerbot」は、どこでも持ち運びすることができ、モバイルアプリで難易度や練習方法を選択・作成できる賢い練習のパートナーだ。練習方法を友達とシェアすることもできる。

新しい家庭用ロボット「Trainerbot」(トレイナーボット)は、手ごわい卓球の練習相手だ。

「卓球の練習を「スマート化」するロボット」の写真・リンク付きの記事はこちら

アレックス&ハリソンのチェン兄弟が、2人で卓球をして遊んだ経験を生かして開発したもの。発案したのはハリソン。大学に入りアレックスと離れたことをきっかけに、秘密の練習用としてごみ箱を材料にして最初の試作品を生み出したという。

その後、ハードウェア・アクセラレーターであるHAX Accelerator社(日本語版記事)の支援を受けながら試作を重ね、5月18日(米国時間)、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で最新版の支援募集を開始した(目標8万ドルのところ、すでに10万ドルを突破している)。

付属のモバイルアプリケーションで、難易度や練習方法を選択したり(「クレイジーモード」という恐ろしい練習方法もある)、独自の練習をつくったりすることができる。また自分の練習方法を友達と共有して、彼らの腕前を試すこともできる。この共有機能のおかげで、練習を「社交の手段」にすることができるのだ。

これは卓球愛好者をターゲットにした製品で、価格も300ドルを超えているため、最初は卓球愛好者しか出資しないだろう。だが初心者でも、1度試してみたら興味をもつかもしれない。筆者がそうだったように。