「東京おもちゃショー2016」で発見! 話題の“おバカ楽しい”キワモノおもちゃ4選

写真拡大

最新のおもちゃが一堂に会する『東京おもちゃショー2016』。6月9日〜12日まで、東京ビッグサイトで開催されており、11日と12日は誰でも入場できるパブリックデーになっています。

おバカで楽しい!注目のキワモノおもちゃたちを写真で見る

会場では、最新のデジタルを活用したおもちゃも話題ですが、おもちゃ本来の楽しさを追求した、おバカアイテムやキワモノ商品も多数登場しています。今回は、会場で見つけたそんな楽しいおもちゃを紹介していきます。

『〜暴れゴミ箱ゲーム〜 ゴミパッくん』メガハウス/3700円(発売中)

まずはこちら、メガハウスの『〜暴れゴミ箱ゲーム〜 ゴミパッくん』。

ゴミ箱にゴミを投げ入れたけど、外れて横に落ちちゃった……。なんて経験をお持ちの方は多いでしょう。このおもちゃは、そんな「ゴミ箱から外しちゃった」のあるある経験をゲームにしています。

やる気満々顔のゴミ箱『ゴミパッくん』。底にあるスイッチを入れると、蓋をバカバカと開け閉めしながら、ランダムに部屋中を動き回ります。『ゴミパッくん』をめがけて、ゴミを入れていくゲームなのですが、予想のつかない『ゴミパッくん』の動きで、周りはふりまわされっぱなし。なかなか入らないもどかしさに、ついついゴミ入れもヒートアップしてしまいます。

『着れちゃうダンボール シリーズ』ショウワノート/大人用各2980円、子供用各2480円(発売中)

昨年のおもちゃショーでは参考出展されていたショウワノートの『着れちゃうダンボール』シリーズ。その名の通り、実際に着用できるダンボール製の甲冑で、今話題の『真田幸村』と『伊達政宗』が発売中。子供用に続き、すねあてなども付いた大人用も登場し、親子でおそろいが可能になりました。

紙製ながら、なかなか精巧な作りの本格派で、立物付きの兜や、鎧、小手などがセットになっています。

さらに、8月には『前田利家』が北陸地方先行で発売される予定です。こちらは子供用のみ。あの特徴ある兜も、もちろん再現されています。

今後は、武将だけでなく、キャラクターの鎧なども予定されているそう。今年のハロウィンにもおすすめですよ!

『危機一髪シリーズ ロシアンぬ〜れっと』タカラトミー/2700円(7月上旬発売)

タカラトミーの『ロシアンぬ〜れっと』は、夏にピッタリのパーティアイテム。全8本のスティックがついた帽子型のロシアンルーレットで、スティックを1本ずつ押していき、“アタリ”を引くと、帽子から水がしたたり落ちてくる仕組みです。

UNOのようなカードも同梱されており、“スキップ”や“リバース”、“2本引く”といったカードを引くことで、ドキドキ感も高まります。

タカラトミーのブースでは、新製品『サイモン エア』の発表会でも『ロシアンぬ〜れっと』が使われていました。ゲストとして登場したお笑い芸人の品川祐さんがバツゲームとしてかぶらされ、ビショビショに!

使う場所を選びそうですが、ビーチやプールなどで盛り上がりそうなアイテムです。

『爆・笑太郎』タカラトミー/6264円(8月6日発売)

おバカといえば、もうひとつ。タカラトミーのロボット『爆・笑太郎』。1300個のギャグをもつ、電波時計内蔵という変わりもの。頭のスイッチを押すとギャグを言ってくれるほか、朝の目覚ましの時もギャグを披露してくれます。中には、日にちや時間限定のギャグもあるそうで……これは聞き逃せません!

笑うことで健康をうながす効果もあるという話もあるそうで、暗い気持ちになりがちな時は、このロボットのギャグで気持ちを和ませるのもよいかもしれません。