ショッピング中に偶然、昔付き合っていた人・嫌いな同僚・学生時代にあまり好きじゃなかったクラスメイトに遭遇しちゃうことってありますよね。なんとかおしゃべりをせずに切り抜けたい……そんなときに使える、会いたくない人に遭遇してしまったときのやり過ごし方をご紹介します。

1: 電話がかかってきたふり

誰かから電話がかかってきたふりをして切り抜けます。自分から誰かに電話をしちゃってもかまいません。目があってしまっている場合には、メッセージを打っているふりだと声をかけられてしまったときに面倒なので、しっかりと電話をしているふりをして「元気? また今度話そうね!」と口パクで伝え、ささっとその場を立ち去るのです。

2: 完全に方向を変え、全力で歩き出す

たとえ目があってしまっていてもかまいません。相手がこちらに向かって手をふっていてもかまいません。がっつりと方向を変えて全力で歩き出しましょう。ぼうっとしているときって、意外と目の前にあるものがちゃんとみえていなかったりしますね? その心理状態を演じるのです。相手はそこまであからさまに無視したとは思いませんから。

3: 近くのものを手にとって品質表示をチェックしているふり

たとえ目があってしまっていてもかまいません。相手がこちらに向かって手をふっていてもかまいません。がっつりと方向を変えて全力で歩き出しましょう。ぼうっとしているときって、意外と目の前にあるものがちゃんとみえていなかったりしますね? その心理状態を演じるのです。相手はそこまであからさまに無視したとは思いませんから。

4: あえてあからさまに隠れる

洋服のラックのかげ、商品棚のかげにあからさまに隠れましょう。ある意味言葉なくして「あなたには会いたくないのよ!」と伝える良いチャンスです。さすがにその様子をみていちいちあなたのところにきて「ねえ、私のこと避けているの?」ときいてくる人はいないので、あなたのことをスルーしてくれることは間違いありません。

5: トイレに隠れる

とりあえず彼らとの距離をとるためにも、トイレに逃げ込みましょう。トイレに20分も引きこもれば、近くにいたあの嫌な奴もどこか別の場所に行くはずです。わざわざトイレまで追いかけてくる人はいませんのでご安心を。

▽ 参考記事: