ミランダ・カーは落ち目!?  “アメリカ版・紗栄子”、出稼ぎ来日しまくりの裏事情
 今月19日からまたもや日本にやって来るミランダ・カー(33歳)。

 今回の目的は大手味噌メーカー、マルコメのCM出演&商品PRですが、半年足らずで3度目の来日とあって、「ミランダは仕事を選ばないのか?」「もしやアメリカではオワコン?」との噂が日本のマスコミではまことしやかに囁かれているとか。

 ミランダは本当にアメリカでは落ち目なのか? 日本女子に絶大な人気を誇るスーパーモデルの本国での現状を検証します。

◆ミランダの顔は「古臭い」

 落ち目……というより、そもそもミランダはアメリカでは日本ほど人気がない。

 アメリカ人に彼女の印象を聞いても、「元ヴィクトリアズ・シークレットのモデル」「『パイレーツ・オブ・カリビアン』の俳優と結婚した女」「ココナッツオイルの人」というぼんやりした答えしか帰ってきません。

 2013年にヴィクシーモデルから卒業する際も、契約打ち切りの理由として 「ルックスが今っぽくない」(People)や「ミランダでは商品が売れない」(US Weekly)とネガティブな憶測が飛び交ったほど。報道の真偽はともかく、米国メディア内にミランダの顔を「古臭い」と考えている人が少なからずいたことが露呈してしまったのでした。

 それを証拠に最近アメリカでミランダを見かけるのは、親しみやすい美容ネタかゴシップがらみがほとんど。同じヴィクシーモデル出身で既婚・子持ちでも、今もシャネルやバレンシアガなど高級ブランドの顔として存在感を見せるジゼル・ブンチェン(35歳)と比べると、可愛らしすぎる印象のミランダの顔。

 米国では「近所の可愛い女の子」という印象が強く、日本のように彼女のベビーフェイスが持てはやされることはないのです。

◆ミランダはアメリカ版「紗栄子」説?

 ミランダの元夫は、最近ゴシップ記事でしかお目にかかれなくなってしまったオワコン俳優オーランド・ブルーム(39歳)。新恋人で写真動画共有アプリ「スナップチャット」のCEOエヴァン・スピーゲル(25歳)との交際は順調で、5月にはオーリーとの間に生まれた息子と3人で住むために1200万ドル(約13億円)の豪邸をLAに共同購入したとメディア各紙が伝えています。

 美男子との離婚の後に、顔は平均値だが経済力が半端ないIT長者に乗り換える身のこなしは、日本でいうとダルビッシュ投手の次にZOZOTOWNを運営する前澤友作社長と付き合い始めたタレントの紗栄子を思い起こさずにはいられません。

 紗英子といえば、つねに「嫌いなママタレ」「イタイ芸能人」の上位に入るモデル。もし米国女子がミランダに対し、日本女子が紗栄子に持つのと同じイメージを持っているとしたら……。

◆インスタのフォロワー数は900万人越え

 昨年の収入は2014年と比べて減少、3年間ブランド・アンバサダーを務めてきたスワロフスキーとの契約も終了するなど、悪い要因も多いミランダですが、それでも彼女のすごいところはきっちりと自身のスキンケアブランド「KORA Organics」の運営をし、『Forbes』が発表する「世界のモデル収入ランキング」の上位に毎年食い込んでいること(2015年は6位)。

 SNSのフォロワー数も増え続け、現在920万人が彼女のインスタグラムをフォロー。6月4日にアップされた新恋人とのツーショット写真には、たった数時間で9万件の「イイね」が付きました。

⇒【Instagram】 https://www.instagram.com/p/BGPq56mEMHC/
 ただ、コメントには中国語や日本語などが多数見受けられ、「やはりアメリカ国内での人気はそれほどでもないのか」と一抹の不安を感じさせるのは事実。

 そんななかでも億万長者の新恋人に甘えることなく、自分を必要としてくれるアジア各国で味噌や烏龍茶を売って小銭を稼ぐ! そんなミランダのたくましさを日本のファンはぜひ褒めてやってほしいものです。

Source:
『People』http://bit.ly/28oqGxA, http://bit.ly/1teBZba
『US Weekly』http://usm.ag/1UGdUDd
『Forbes』http://onforb.es/1ZCaMtm

<Text/橘エコ Photo/Sbukley>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)