©2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

2016年7月16日(土)全国公開されるディズニー/ピクサー最新映画『ファインディング・ドリー』。

【画像8枚】『ファインディング・ドリー』フォトギャラリー

大ヒットを記録した『ファインディング・ニモ』の1年後を描く続編です。

お馴染みのキャラクターや、新たなキャラクターが続々登場!

前作ファンも大満足の見事な続編になりました。

ドリーの家族を探すより壮大な冒険が始まる

ピクサー作品のうち日本で最高の興行収入を記録した映画『ファインディング・ニモ』。

カクレクマノミを見ると誰もが「ニモだ! 」と言ってしまうほど超人気キャラクターです。

そんなニモたちが帰ってきました。

前作の大冒険から1年後を描く今作の主役は、物忘れの激しいナンヨウハギのドリーです。

自分の両親の記憶を突然思い出したドリー。

ニモとマーリンと一緒に、ドリーの家族を探すための大冒険が始まります。

そんなドリーがたどり着いたのは、人間の世界。

タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど新たな仲間も加わり、より壮大な冒険が繰り広げられます。

前作ファンにはたまらない見事な続編

ドリーの記憶と家族を探す旅を手伝ってくれるのは、エイ先生やウミガメのクラッシュ、スクワートなど、前作に登場したキャラクターたち。

「ここであのキャラクターが登場するの」というようなサプライズは見逃せません。

他にもセリフの端々に前作を踏まえた言葉があるなど、前作のファンなら思わず笑ってしまう要素もふんだんに盛り込まれています。

ドリーが家族に会うのを助けたい、でもドリーが家族を見つけたらニモたちはお別れしてしまうの?

ニモたちが暮らす海の世界が大好きになっている状態だからこそ深い感情移入ができるのも続編であることの魅力。

ピクサーをもってすら制作が難しい続編を見事に料理したアンドリュー・スタントン監督はさすがです。

ちなみに、ストーリー上『ファインディング・ニモ』のストーリーは把握しておいた方が良いです。

「前作を観ていなくても大丈夫? 」という質問に対しては、「できるだけ観ておいたほうが良い」と答えたいです。

人間の世界を舞台に何が起こる?

人間の女の子ダーラなど、『ニモ』で悪役となるのは人間。

チョウチンアンコウなどマーリンたちを食べようとする魚もいますが、基本的に敵は人間であり、ニモたちの味方になる人間はいません。

そんな世界観で、『ドリー』の舞台となるのは「人間の世界」。

勝手に魚を捕まえ、ダーラのような魚殺しの女の子もいるなど、魚に対する人間の身勝手な態度が敵となっていた前作。

一方の今作は傷ついた魚を保護し、海に帰すという目的の海洋研究所が舞台。

そしてドリーはそこで生まれた? という気になる展開も。

一見人間の良心的な活動に見える海洋研究所は、ニモたちにはどう見えているのか?

思わず笑ってしまう、アンドリュー・スタントンらしい皮肉はたまりません。

最新技術でいま蘇ったニモの世界

新旧キャラクターを織り交ぜながらより深い感情移入をみせてくれる『ファインディング・ドリー』。

懐かしのキャラクターやシーンも最新技術によって再現されており、その技術進歩には驚くばかり。

前作での海の表現力の高さにも驚かされましたが、それを一回りも二回りも上回る素晴らしい表現力です。

アニメーションで最も難しいとされる海の動きと光の反射を見事に再現しています。

これにより、海の色を自在に変えてもキャラクターにしっかりピントを当てることができるようになりました。

キャラクターの動きやセリフだけでなく、海の環境によっても感情を表現できるのは、ピクサーの真骨頂といったところでしょう。

大好きな世界が新たなキャラクターを迎えて再び動き出し、鑑賞後にはこの世界がもっと好きになる。

心がウキウキする素敵な作品です。

『ファインディング・ドリー』
2016年7月16日(土)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン