恋人やパートナーと一緒に住む前に、生活費や家事をどのように折半するかを決める人は多いでしょう。しかし、見過ごしがちだけれど、2人の関係を保つのに大事な3つのことがあります。互いに自分の時間をどのように使うのかということは、きちんと話し合って足並みを揃えておいたほうがいいです。

1人の時間をどれくらいもうけるか?
1人というのは、本当に自分1人で過ごすこともあれば、友だちと一緒に何かをするというのも含みます。毎晩一緒に過ごすのは、2人の関係にとって良いことではないかもしれません。相手から離れて、1人で充電したり、友だちと過ごしたりする時間をどれくらいもうけるかを決めておきましょう。

一緒にいる時に何をするか?
毎晩一緒にNetflixでドラマや映画を見る、というような定番があれば楽です。まずは相手と一緒にどんなことがしたいかを話してみましょう。週に一度は2人で外出してデートがしたい、一緒に趣味に没頭する夜があるといい、運動を一緒にしたい、というようなことです。どんなことでもいいので2人で選び、一緒にそれをすることを最優先するように心がけましょう。

共通の予定をどのように立てるか?
共通のGoogleカレンダーをつくったり、誰にも何にも邪魔されない日(金曜の夜はデートなど)を決めておくと、ダブルブッキングや相手の予定を聞かないと計画が立てられない、というようなことが防げます。

このようなことを2人で話し合った結果、どのようなことになるかはカップルによって違うと思いますが、特定の話題について話すというより、お互いに納得するために話すことが大事です。


Things to Talk About Before Shacking Up | The Billfold

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:的野裕子)
Image from Wyatt Fisher.