新緑が美しい北東北のツーリングスポットを
ご紹介しているこのコーナー。

前回記事:【連載第一弾】そうだ、バイクで新緑を見に行こう!
前回記事:【連載第二弾】そうだ、バイクで新緑を見に行こう!

第三回目の今回は、前回に引き続き
青森県にある「奥入瀬渓流」を
ご紹介いたします!

前回は渓流の「見どころ」ともいえる
数々の名所をご紹介いたしましたが、
今回ご紹介するのは「滝」

必見です!

奥入瀬の「滝」はテッパンです!

「奥入瀬渓流といえば、ここ!」

と言われるくらい、多くのファンがいる
滝をご紹介します。

雲井の滝(くもいのたき)

1

高さ20メートルの断崖から三段になって落下する
この滝は、奥入瀬渓流にある滝の中でも
実に見ごたえのある滝です。

まるで、テーマパークの一部にありそうな
滝のある美しい光景。

自然が作り出したとは思えないですよね。

銚子大滝(ちょうしおおたき)

雲井の滝から十和田湖へ向かい10分ほどで
現れる銚子大滝。

高さ7メートル、
そして幅はなんと20メートル。

すさまじい大きさです。

作り出しております。

滝に行くまでの遊歩道でも十分感じられるほど
マイナスイオンを含んだ水霧があふれています。

やっぱり、新緑の季節が1番


数々の見どころと、有名な2つの滝。

そららが一気に楽しめる奥入瀬渓流沿いの道は
全長14キロメートルもあります。

バイクで駆け抜けると30分もかかりませんが、
ただ通過するだけでは、実にもったいない。

路肩にバイクを停めたら、そこからは
トレッキングに来た感覚で、ぜひとも
歩いて見てまわってください。

この場所が、1年で最も混み合うのは
紅葉の季節ですが、奥入瀬渓流は
新緑の季節が1番だと、私は自信を持って
おススメいたします!

さて、連載している新緑ツーリング紀行も
いよいよ次回は最終回!

全国的に有名な奥入瀬渓流をご紹介した後は
地元の東北人ですら

「え? それどこにあるの?」

と聞き返してしまうような、
ディープなスポットをご紹介いたします!

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【モタサイ2016】美女キャンギャルまとめ!


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

【連載第三弾】そうだ、バイクで新緑を見に行こう!(http://clicccar.com/2016/06/10/375406/)