自宅でリラックスできるのが好結果に?堀が3位に浮上(撮影:米山聡明)

写真拡大

<サントリーレディス 2日目◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>
 兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部で開催中の「サントリーレディス」。同県に拠点を置いている昨季の女王イ・ボミ(韓国)は自宅から通っているが、もう1人の“自宅通勤”勢、堀琴音がスコアを4つ伸ばしトータル7アンダーの3位に浮上。4位タイにつけたボミ同様、好位置で決勝トーナメントに駒を進めた。
人気女子ツアーの特選フォトは「写真館」でチェック!
 インコースから出た堀は15番で2打目を1.5mにつけてバーディを先行させると18番では4mを沈めて折り返す。そこから2番、4番でもバーディを重ね、迎えた8番では残り113ヤードからのセカンドを横3mにつけて5個目のバーディを奪取。最終9番でこの日唯一のボギーを叩いたが、猛チャージで独走を図ったトータル12アンダーのカン・スーヨン(韓国)に喰らいついた。
 7位タイに入った昨年に引き続き、今年も自宅からコースへ“通勤”。久々の我が家で「ゆったりしすぎちゃっています(笑)」とリラックスしながら臨んでいる。加えて六甲国際ゴルフ倶楽部はジュニアのころから毎週練習を重ねてきたホームコース。「知っているのは有利だと思います。すごくイメージが湧きやすいですね」。今年も地の利を生かした戦いは健在だ。
 昨年は3打差5位タイでの予選突破もそこから伸ばせず7位タイ。「いつも順位をとかを考えてダメになっていくので、今週は目の前にあることだけを意識してやりたいと思います」。悲願の初優勝に向けて、無我夢中で明日のムービングデーに挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>