株主総会シーズン到来  台湾証券取引所が空売りの決済日に注意喚起

写真拡大

(台北 10日 中央社)台湾証券取引所は、6月に上場企業の株主総会、7月と8月には株式分割、配当が集中するとして、証券会社などから借りた株式を売る「空売り」を行っている投資家に対し、決済日に注意するよう呼びかけている。

台湾の規定では、株主総会や株式分割、配当、増減資の実施前には株式の名義変更が停止される。空売りを行っている投資家は、この停止日の6営業日前までに株式を買い戻して、証券会社に返却する必要があるため、その期日に注意が必要となっている。

(田裕斌/編集:杉野浩司)