Yamabiko Art 個展「換骨奪胎」

写真拡大

グラフィティで培ったスキルを駆使し、独自の和の表現を追求するアーティスト・Yamabiko Artさんによる個展「換骨奪胎」が、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYにて、6月25日(土)から7月2日(土)まで開催されます。

【Yamabiko Art個展「換骨奪胎」 グラフィティと和を融合させる達磨絵師の画像・動画をすべて見る】

本展では、Yamabiko Artさんの十八番である達磨のほかに、スプレー缶や木材などのマテリアルにペインティングを施した立体作品と平面作品が展示されます。

グラフィティ×和の融合を実践するYamabiko Artの個展


Yamabiko Art 個展「換骨奪胎」1



Yamabiko Artさんは、九州の郷土玩具や民芸品を扱う「山響屋」を経営するかたわら、毎年1月に関西圏の福を求める人たちでごった返すお祭り「十日戎」で、縁起物のART達磨を販売する「うたげや」で達磨絵師としても活動する作家。

自身のルーツであるグラフィティと「和」という異質の表現を融合させた独自の表現で、現代アートシーンの中で注目を集めています。

Yamabiko Art 個展「換骨奪胎」2



今回開催される個展のタイトルでありテーマもである「換骨奪胎(かんこつだったい)」は、先人の着想や形式に、新たな創意を加え、独自の表現を生み出すという意味があります。

作家自身が愛でる日本の伝統的な表現は、ただ踏襲するだけでは古臭いと見なされがちです。しかし、Yamabiko Artさんはそこに「自分らしいエッセンスを注入することで、それらが新鮮に見えて面白いと思ってもらえれば嬉しい」と語ります。

個展の開催にあたって、キュレーターの岡本奇太郎さんは、本展ステートメントの中で次のようなコメントを寄せています。

AとBを足してCを作り、AとBとCを抱き合わせてDという視点を提示する換骨奪胎の名手であるYamabiko Artの作品を皆様に見ていただくことで、普段当たり前すぎて気にも留めないような普遍的なイメージも、角度を変えて見ることで存分に楽しめることが伝われば嬉しい。個展「換骨奪胎」キュレーター・岡本奇太郎さんコメント


招き猫、福助、お多福、熊手などの縁起物や、浮世絵といった日本人なら誰しも目にしたことがあるであろう図像を、Yamabiko Artさんが「自分らしいエッセンス」を注入し換骨奪胎することで、特別なものへと価値を転換させる妙技に、ぜひご注目ください。