緑溢れる爽やかな空間で、こだわりのフードとビールを堪能しよう!

写真拡大

東京都世田谷区玉川の商業施設、二子玉川ライズに夏季限定のビアテラス「Premium BEER FARM(プレミアム ビア ファーム)」がオープン。8月31日(水)までの期間、営業する。

【写真を見る】芝生にレジャーシートを敷き、ピクニック気分を楽しめる

昨年、新たな夏のスポットとして好評を博したビアテラスが、今年はさらにパワーアップして帰ってきた!今回は「ビア ファーム」との名前の通り、芝生を取り入れた緑溢れる空間が特長だ。オープン初日の会場に記者が足を運び、その魅力を早速体験してきた。

中央広場を目指して歩いていくと、緑が生い茂る一帯を発見!会場に足を踏み入れると、シンボルツリーがそびえ立つ芝生や、それを彩るカラフルなフラッグガーランドと傘の装飾、三角屋根が付いたおしゃれなボックス席など、目に映るものすべてが新鮮で心が躍る。

この空間を演出したのは、店舗デザインや個人宅のガーデニングデザイン、ボタニカルショップなどを手がける、植栽プロデュース集団“SOLSO FARM”だ。

代表の齊藤太一さんは、「椅子とテーブルが並んだ、普通のビアガーデンの概念を覆したかった」と話す。キャンプやピクニックのような感覚で、二子玉川でビールを飲めたら楽しいのでは?と思い、中央に芝生をつくるところからイメージを膨らませていったそうだ。

■ レジャーシートは無料でレンタル!枚数の制限もなし

無料でレジャーシートを貸し出してくれるのもうれしいポイント。小さな子どもがいるファミリーも、芝生の上でのびのびと過ごすことができる。その一方で、会場にはカウンター席も設置。家族連れから、軽く一杯飲みたい会社帰りの大人まで、幅広い層が利用できるように考えられている。

フードメニューは昨年に引き続き、スペイン王室御用達のグルメストア、Mallorca(マヨルカ)がプロデュース。中でもおすすめなのは、今年初登場の「海老の冷製アヒージョ〜ガーリックオイル漬け〜」(単品900円)を含む5品がセットになった「Mallorca タパス・グランデ〜タパスの5種盛合せ〜」(2400円)だ。

昨年の内容に変化を付け、バージョンアップさせた料理も多く、「フレッシュトマトのホワイトバルサミコマリネ ミント風味」(単品600円)はホワイトバルサミコを使うことで、色合いも美しく、キレのある味に仕上げているという。

ボリューム満点の「イベリコ豚ソーセージのホットドック&フライドポテト」(1200円)も一押しのメニュー。イベリコ豚のソーセージに、Mallorcaの店で仕込んだスパイシーなトマトサルサとチェダーチーズ、ピクルスを合わせ、“バリータ”と呼ばれるスペインのパンで挟んだこだわりの一品だ。スペインらしさを随所に感じるホットドックとなっている。

ドリンクは2016年3月に発売された「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール」(500円)をはじめとした、「ザ・プレミア ム・モルツ」の生ビール4種類を用意。さらに、苦味が特徴的なクラフトビールの代表格「CRAFT SELECT“PALE ALE(ペールエール)”」(600円)も提供する。この他、カクテルやソフトドリンクも取り揃えているので、ビールが苦手な人や子どもも安心!

ただ屋外でビールを飲むだけではなく、雰囲気も合わせて楽しみたい人には、ぜひおすすめしたいこちらのビアテラス。細部にまでセンスが光る緑豊かな会場で、癒しのひと時を過ごしてみてはいかが?【東京ウォーカー】