9日、世界的な人気ゲームを映像化したファンタジー米映画「ウォークラフト」が初日から空前の大ヒット。「ワイルド・スピード7」超えも期待されている。

写真拡大

2016年6月9日、世界的な人気ゲームを映像化したファンタジー米映画「ウォークラフト」が初日から空前の大ヒット。「ワイルド・スピード7」超えも期待されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ブリザード・エンターテイメントの人気ゲームを映像化した「ウォークラフト」は、英歌手デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督による作品。米出身の華人俳優ダニエル・ウー(呉彦祖)も出演している。中国で今月8日に封切られたが、先に公開されたドイツやフランスなど19カ国・地域で、週末興行ランキング1位を獲得する好調な滑り出しを見せている。

初日を迎えた8日、中国での興行収入は約3億元(約49億円)となり、初日記録としては昨年4月に公開された「ワイルド・スピード7」(3億9000万元(約64億円))に次ぐ歴代第2位に。しかも、「ワイルド・スピード7」が日曜日に公開されたのに対し、「ウォークラフト」の初日は平日の水曜日。このため数字こそ届かなかったが、実際の注目度としては「ウォークラフト」も負けていないことになる。

さらに「ウォークラフト」は9日、初日との2日間合計で興行収入4億1560万元(約68億円)を稼いだ。米映画情報サイト「Deadline」によると、最初の週末で興行収入は10億元(約163億円)近い数字をマークし、最終的に20億元(約330億円)に届く可能性は非常に高いとのこと。中国で公開された海外作品で最もヒットしたのは「ワイルド・スピード7」で約24億元(約390億円)となったが、この数字にどこまで接近できるか期待されている。(翻訳・編集/Mathilda)