男子は「不倫経験談を語る女性」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「不倫経験のある女性」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「不倫経験があるだけで、俺は恋愛対象から外すね。うまく付き合ってもし結婚したとしても、また不倫するんじゃないかって疑っちゃうから」

「人間はそう変わらないと思うし、不倫を続けちゃうと思うんだよね。男も浮気するやつは、結局治らないしね」

「たとえ最初は知らずに不倫の仲になったとしても、わかった瞬間別れるべき。相手に奥さんがいることを知ってて付き合っていたとなると、そういう人とは考えが合わないって思っちゃう。本命にはしないよね」

恋愛対象にならない

不倫という禁断の果実に手を出したことがある女性を、男性は毛嫌いします。もしその女性と結婚したとしても、結婚後に誘惑があれば刺激を求めて飛び込むだろうと疑ってしまうからです。そのため、最初から恋愛対象から外してしまう男性も多いです。

人間はそう変わらない

浮気や不倫があふれる時代。しかし、それを悪びれもせず経験談として語る女性を、独身男性は冷めた心で聞いています。結婚を見据えてお付き合いするなら、よほどの事情がない限り、不倫経験がない女性を選びたいもの。なぜなら、一度不倫したことがあることで、またするんじゃないかと考えるからです。

恋愛観がだらしなさそう

不倫をオッケーにするかどうか。男性は恋愛観のゆるい女性を本命に選びたくありません。男にだらしがない人生かどうか、見極められているのでうかつに過去の恋愛をしゃべるのはやめておきましょう。

男子にとっては、「不倫経験がある女性は本命にしにくい」というのがホンネです。話のネタや悩み相談と称して、過去の浮気や不倫エピソードを語る女性がいますが、絶対にやめましょう。自分の恋愛市場での価値を下げるだけです。

男性は女性の浮気にめちゃくちゃシビア。徹底して経験があることをバレないようにしましょう。