スイス連邦工科大学ローザンヌ校の博士課程の生徒たちが、6月10日に開幕する「UEFA欧州選手権2016(EURO 2016)」の勝敗を人工知能(AI)で予想するウェブサイト「Kickoff.ai」を公開しました。これまでにもビッグデータを使った統計データ分析でサッカーの勝敗を予想するサービスがありましたが、Kickoff.aiは従来とは違うアプローチで勝敗を予想しています。

Kickoff.ai

http://kickoff.ai/

Artificial intelligence predicts Euro 2016 match results - SWI swissinfo.ch

http://www.swissinfo.ch/eng/scientific-gamble_artificial-intelligence-predicts-euro-2016-match-results/42215582

ビクトール・クリストフさんら3人の学生よって立ち上げられたKickoff.aiは、機械学習をデータ分析に取り入れ、従来の統計データ分析よりも正確な予想を行うべく他の予想サイトが使っていない2つの機能を搭載しているとのこと。

1つは選手個々の能力やパフォーマンスのモデリングです。従来の統計モデルではチーム全体のパフォーマンスを重要な要素としていましたが、クリストフさんたちは選手個々の能力や試合ごとのパフォーマンスのデータを機械学習に使用し統計モデルを作成。データ収集の対象となった試合は、国際試合だけでなく各選手が所属するクラブチーム同士の試合も含まれています。

もう1つは、ベイズの定理を応用したベイズ推定という推定手法です。例えば、ドイツ対アイスランドであれば、ほぼ全ての人がワールドカップ優勝経験もあるドイツの勝利を予想するはずですが、ドイツが何%の確率で勝利するかはわかりません。アイスランドはEUROに初参加する国で、もしかするといつも以上のモチベーションでプレイする可能性があります。そういった不確定な要素を含めて統計モデルをとるのがベイズ推定で、これを使うことで「ドイツが60%」の確率で勝利するというような予想まで可能になるとのこと。

この手法を使ったEURO 2016グループステージ第1節の結果がKickoff.aiで公開されています。まずグループAのフランス対ルーマニアは、フランスが72%の確率で勝利と予想されました。



グループAのもう1試合のアルバニア対スイスは、スイスが58%の確率で勝利となっています。



グループBのウェールズ対スロバキアは、スロバキアが61%の確率で勝利。レアル・マドリードに所属するスーパースターのガレス・ベイルを擁し、今大会のダークホースとして注目を集めるウェールズですが、Kickoff.aiはウェールズの負けを予想しました。



グループBのもう1試合のイングランド対ロシアは、66%の確率でイングランドが勝利。これは妥当な予想に見えます。



グループCのポーランドとEURO初出場の北アイルランドの一戦は、ポーランドが63%の確率で勝利。



2014年のFIFAワールドカップブラジル大会で優勝したドイツは、グループCでウクライナと激突。ドイツの勝利確率は61%です。



2大会連続でEUROを制している王者・スペイン対チェコは、スペインが67%の確率で勝利。



グループDのトルコ対クロアチアは、クロアチアが59%の確率で勝利をあげると予想。



グループEのアイルランドとスウェーデンの試合は、スウェーデンが63%の確率で勝つ予想されました。



FIFAランク2位ベルギーと、近年調子を落とすも前回大会で準優勝のイタリアとの一戦は、グループステージ第1節で最も注目度が高く、どちらが勝利するのかを予想するのが難しい試合。予想の難しさはAIにも一緒だったようで、ベルギーが48%、イタリアが52%で勝利すると予想されました。



グループFのオーストラリア対ハンガリーは、56%でオーストラリアの勝利。ただし、ハンガリーの勝利確率が44%と五分五分で、結果はどちらに転ぶかわかりません。



グループステージ最終節のグループF・ポルトガル対アイスランドは、ポルトガルが75%の確率で勝利すると予想されました。75%はグループステージ第1節の予想の中で最も高い勝利確率です。



EURO 2016は2016年6月6月10日(日本時間6月11日)に開幕し、初日には「フランス対ルーマニア」「アルバニア対スイス」の2試合が予定されています。Kickoff.aiの予想を踏まえて試合を見ると、おもしろさがグッとアップしそうです。