『神の手・ニッポン展』名古屋で開催 - ミニチュアハウスやジオラマ、人間離れした日本人作家集結

写真拡大

『神の手・ニッポン展』が2016年7月8日(金)から9月4日(日)まで、愛知県・名古屋市のテレピアホールで開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

『神の手・ニッポン展』とは、日本のモノづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代のセンス&フィールドで意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を一堂に集めた合同展覧会。出展作家には、ペーパーアーティストとして多数の受賞歴を持つ太田隆司や、「情景王」の異名をとるジオラマアーティスト・山田卓司らが名を連ねる。中でもペーパーアーティスト太田は、新作「名古屋城」を発表。本物の名古屋城の迫力に負けない作品を披露する。

他にも元建築士という経歴を生かし、日本家屋や商屋を独自の遠近法を用いて表現するミニチュアハウスアーティスト・島木英文や、ギネス世界記録に認定されているビーズアーティスト・金谷美帆、立体切り絵アーティスト・SouMa、創作人形作家・安部朱美らも参加。日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さを体感でき、その完成度に驚くこと間違いない展覧会となりそうだ。

【展覧会概要】
『神の手・ニッポン展』
期間:2016年7月8日(金)〜9月4日(日) 11:00〜18:00(最終入場は17:30)
会場:テレピアホール
住所:名古屋市東区東桜1-14-25テレピアビル2階
アーティスト:太田隆司(紙の魔術師/ペーパーアーティスト)、島木英文(遠近法の匠/ミニチュアハウスアーティスト)、山田卓司(情景王/ジオラマアーティスト)、金谷美帆(ビーズの織姫/ビーズアーティスト)、SouMa(立体切り絵のプリンセス/立体切り絵アーティスト)、安部朱美(昭和の家族のきずな伝道師/創作人形作家)
入場料:一般 800円(700円)、高校・大学生 600円(500円)、小・中学生 400円(300円)、未就学児無料 ※カッコ内は前売り券価格、価格は全て税込。
チケット発売所:チケットぴあ(Pコード:767-514)、ローソンチケット(Lコード:42476)、イープラス、中日新聞販売店(Cチケット)

【問い合わせ先】
東海テレビ放送 事業部
TEL:052-954-1107(平日 10:00〜18:00)