「奇譚クラブ10周年フチ子」が大きくなって登場するフォトスポット。等身大のフチ子さんと記念写真を撮ろう!

写真拡大

福岡パルコ(福岡市中央区)の本館8階「パルコファクトリー」で、6月24日(金)から7月10日(日)まで「奇譚クラブ10周年展in福岡PARCO」を開催する。

【写真を見る】会場限定商品「奇譚クラブ10周年展のフチ子」(各500円)。ゴールド、ブルー、シルバーの3種がそろう

同展は、生物フィギュアレーベル「ネイチャーテクニカラー」をはじめ、空前の大ヒットを記録した「コップのフチ子」など、個性的な商品を展開しているガチャガチャメーカー・奇譚クラブの展覧会。今回、設立10周年目を迎えて開催した「奇譚クラブ10周年展」が九州に初上陸する。2015年12月に初開催した渋谷パルコでは、1万人を超える動員数を記録するなど大盛況に終わった。

会場では、奇譚クラブイベント史上最多の総勢約130台のガチャガチャが大集合。100種を超える奇譚クラブ商品だけのスペシャルラインアップだ。また、これまで10年間に発売された総数2900アイテムのガチャガチャ商品を大展示。1つの商品を3秒で見ても、約2時間30分もかかってしまう仰天のアイテム数だ。

その他、同展限定商品の「奇譚クラブ10周年フチ子」が大きくなった等身大フォトスポットや、「ネイチャーテクニカラー」や「コップのフチ子」のジオラマ展示もある。期間中の土・日曜は、福岡パルコのインフォメーションガールがフチ子さんに大変身。国内NO.1のOLユニフォームメーカー「ボンマックス」が手がけたフチ子さんの制服を着て登場するので、お見逃しなく! 

7月3日(日)14時からは新館6階「タマリバ」で、「コップのフチ子」原案者の漫画家・タナカカツキ氏を招き「トークショー&サイン会」を開催。当日、有料入場者先着30名にサイン会参加券を進呈する。トークショーのみは観覧自由なので、こちらもチェック!※混雑状況により観覧できない場合があります【福岡ウォーカー】