ネットでよく話題になる「ラピュタ城焼きそば」に挑戦 バルス!

写真拡大

数年前から何度もネットで話題になっている画像があります。それは、アニメ映画『天空の城ラピュタ』の終盤でバルスをした後飛んでいくラピュタ城に見立て、まるで浮いているように見える焼きそばの上にブロッコリー1房が突き刺さったワイルドな料理。

このブロッコリーと焼きそばでつくたラピュタ城が再びTwitter上で話題になっていたのでつくってみました!

【関連:勝手に放送記念してラピュタパンつくってみた】

ラピュタ城焼きそばの材料

用意したのはブロッコリー1房、焼きそば、もやし、大きめのワイングラスです。今回は建物も加えたかったので、生食できるソーセージとブロックベーコン、爪楊枝も用意しました。

まずはお湯を沸かしそこに塩を入れ、ブロッコリー1房を投入。火が通るまでゆでます。その間にソーセージとベーコンをちょうど良い大きさにカットして下から爪楊枝を刺します。

まずはブロッコリーをゆでる
ソーセージに爪楊枝を刺す
焼きそばもつくります

次にフライパンでもやしを炒めてから半分の長さに切った麺を入れて焼きそばをつくります。焼きそばができたらワイングラスに盛りつけ、上からブロッコリーを差し込みます。ブロッコリーと焼きそばの間にソーセージとベーコンを差し入れたら出来上がりです。ちなみに写真のものは、雰囲気を出すためもやしをワイングラスの中に盛りつけ、麺だけ外に出すようにしています。

ラピュタ城焼きそばの完成!

焼きそばの盛り付けが思った以上に難しく、建物部分に見立てたソーセージの飾り付けにも難航しましたが完成するとワイングラスの透明感もあり、本当浮かんでるみたい。外で撮影してみたところ、思いっきり浮いてるみたいに見えました。

ただどう考えても1人ランチには悲しくなっちゃうメニューなので、お子さんの誕生日などのパーティーメニューとしてつくってみんなで「バルス!」なんてすると盛り上がりそう。皆でわいわいがやがやする時にでもぜひつくって楽しんでみてください。

外で写真とったら更に雰囲気出た

(文:大路実歩子)