2016年5月28日、モナコの市街地サーキットに、『君が代』が響き渡った。F1直下のサポートレース『GP2』で、松下信治が優勝を飾ったのだ。モナコGPでは、日本人初の優勝だ。

 モナコ王室の方々が観覧するロイヤルボックスの下にしつらえられた表彰台も、モナコGPでしか味わうことができない。

「今までに見たことのない景色でした。スタートはクラッチのバイト(噛み)が強すぎて、ホイールスピンしてしまい並ばれちゃいましたけど、1コーナーのブレーキングを我慢してなんとか前を守って。あとはクルマの調子がすごくよかったんで、ヒヤッとするような場面もなかったですね」

 ポールポジションから一気に後続を引き離し、2位に13秒差をつけた独走勝利。2ポイントのボーナスが与えられるファステストラップも狙って、最後まで攻め続けた。

 わずかなミスが命取りになるモナコだが、45分間のレースでファステストまで求められるというのは、エンジニアからの信頼の厚さを示してもいる。

「結構エンジニアが厳しいんですよ(苦笑)。どのくらいのペースで走ればいいか、エンジニアと無線で相談しながらプッシュしたり、タイヤを冷やしてアタックの準備をしたり。誰かとファステストの出し合いをしていたらしくて、それは絶対に勝ちたかったんでプッシュを続けましたね」

 さらりとそう言ってのける松下も、なかなかのものだ。

 松下を育成するホンダからの依頼を受け、アドバイザーとしてモナコGPに帯同していた鈴木亜久里は、ヒヤヒヤしながらレースを見ていたという。

「『ファステストラップを出せ』っていうのは、聞いてるこっちが緊張しちゃうよね(笑) 。(コースから)ハミ出たらどうしよう?とかさ。『ファステストなんかいらねぇよ』って思ったけどね(笑)。しかし、たいしたもんだよ。実際、ドキドキするような場面もないくらいのあんな楽勝だからね」

 実を言えば、このモナコでの勝利は幸運によるところも大きかった。

 2レース制で行なわれるGP2。初日のフリー走行開始直後、冷えたタイヤでクラッシュを喫してしまった松下は手首を痛め、ほとんど走り込みができないまま予選を迎え、12番グリッドに沈んでしまった。抜けないモナコだけに、決勝レース1でも上位浮上は難しかったが、粘りの走りで9位でフィニッシュし、前走車にペナルティが科せられたことで8位に繰り上がる。2戦目は上位8台がリバースグリッドとなるため、決勝レース2のポールポジションを得たのだ。

「(前走車の)彼は僕の前で走っていて、ヌーベルシケインで8回くらいコースオフしてショートカットしてたんです。ポールからのスタートなら、もちろん勝ちますよ。スタートさえちゃんと決められれば、負けないと思います」

 レース1の8位と9位では、天と地ほどの差がある。それがGP2だ。松下は前走車にペナルティが科せられることも確信したうえで、自分が置かれた状況のなかでレース2のポールという最良の展開を掴み取ったのだ。

 日本とは違い、アグレッシブなヨーロッパのレースのなかでも、もっとも競争が激しく荒っぽいと言われるGP2――。そのなかで戦い抜くには、速さはもちろんのこと、激しいバトルでも押し負けない冷静さと、ふてぶてしさが必要だ。松下には、そういう図太さがある。

 今年2月、松下はマクラーレン・ホンダのテストドライバーに任命された。

 ホンダの育成プログラム「HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)」の一員として、全日本F3選手権チャンピオンに輝いた翌2015年に、GP2に乗り込んだ。初年度にして1勝を挙げ、表彰台は計3回。図太いレース運びもさることながら、ほとんど英語ができないまま単身パリに移住し、いつの間にか英語も上達してチームに馴染んでしまったあたりも、どこか小林可夢偉と重なるところがある。

「まずは、ここで結果を出すこと。今の自分にできるのはそれだけです。そうすればいずれ、F1への道も自然と見えてくるんだと思います」

 GP2参戦当初は、そう語っていた。

 昨年からマクラーレンのファクトリーに足を運び、F1シミュレーターをドライブしたり、チームのテストに帯同したりといった"実習"を経て、松下にとってF1はさらに身近な目標になった。

 昨年はストフェル・バンドーンという最高のお手本がチームメイトで、圧倒的な速さと強さでGP2チャンピオンに輝いた彼の堂々たるレースを間近で見て、多くを学んだ。そして今季は、自身がチャンピオンチーム『ARTグランプリ』の中心的存在として2年目のGP2に臨むことになった。

 求められるのは、もちろんチャンピオンになること。そして、F1へのステップアップだ。本人もそれを強く意識している。

「今年の目標ですか? そりゃあもう、チャンピオンです。それ以外、あり得ないです。小さいころからずっとそれしか言ってこなかったんですけど、僕はやっぱりF1に行きたいから。もちろん、そんなに甘くないことはわかってますけど、可能性は十分にあると思っています。そのためには、自分に与えられている場所で1番になることだけ。勝つしかない」

 その気負いからか、GP2開幕戦のスペインラウンドでは、何もかもが噛み合わないまま終わってしまった。予選で渋滞に捕まり、満足なタイムアタックができず、決勝レース1ではピットストップの作業ミス、レース2で8位まで追い上げるのがやっとだった。

 その悪い流れを断ち切りたかった第2戦・モナコでも、フリー走行のクラッシュでさらに悪化させてしまい、レース1の途中までは絶望的な展開だった。

 力が入りすぎていたと、鈴木亜久里アドバイザーも語る。

「今年のノブ(松下)はプレッシャーがすごくあって、(開幕戦)バルセロナのときからうまく走れていなかったよね。木曜の走り始めでクラッシュしちゃったのもそう。力が入っちゃってた。レースってもっと自然体で乗らないといけないからね。ゴルフと一緒でさ、力を入れたからって飛ぶわけじゃなくて、力を抜いてスムーズに振ったほうがいいじゃない? そういう走り方で『楽しんでレースやりなよ』っていう話をしたんだ。モナコでは、悪い流れを自分でもとに戻せたと思う。次につながるレースができたよね」

 F1へのステップアップという点では、適切なシートに空きがあるかといった客観的状況と、政治的な影響も受けるだろう。

 しかし、ホンダの長谷川祐介F1総責任者も、松下のF1昇格に向けて前向きに評価しているうえ、「日本人F1ドライバーの誕生」に向けた育成支援も示唆している。

「僕は、彼のデータ等も含めてすべてを見ているわけではないのでなんとも言えませんけど、少なくとも今回のレースを見るかぎりでは、十分にそのスキルはあると思いますし、あとは経験などを示すチャンスだけだと思いますね。少なくとも、ホンダとしては日本人F1ドライバーを輩出させる責任を負っていると思いますし、彼にはぜひ、今季スーパーライセンスが取れるレベルまで成績を伸ばしてほしいですね」

 今季GP2でランキング3位以内に入れば、松下はスーパーライセンス取得に必要な要件が揃う。F1走行経験などといった特例に頼ることなく、ライセンス申請が可能になるのだ。

 モナコで表彰台の中央に立っても、松下は決して満足はしていなかった。後続を寄せつけず勝利したのは自身の実力だが、レース2の勝利はリバースポールという幸運によるところも大きい。そのことは松下自身が一番よくわかっている。

「正直言って、去年の初優勝(第6戦・ハンガリー)のときのほうが嬉しかったですね。今回だって、まだ100点ではないですから。週末全体を見れば、フリー走行で失敗したのが大きかったし、ちゃんとひとりで走れれば速いのはわかってるんですけど、レース1でそれをやるのが難しいのがこのGP2ですからね。次はもちろん、レース1で優勝を狙います」

 松下が視野に入れているのは、GP2の王座――。そして、F1だ。

「まず、予選で最低限トップ5。絶対にそれじゃなきゃダメです。目標は予選でポールポジションですよ。で、レース1は表彰台でゴールして、レース2もスタートでうまく浮上してまた表彰台。まさに去年、ストフェルがやったようなレース運びです。やるかやらないか、それは自分次第ですからね」

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki