もう爆発寸前!「夫へのイライラ」で離婚を考えた妻49%…では夫は

写真拡大

アンガーマネジメントという言葉をご存知ですか? アンガーマネジメントとは、“怒りをコントロールすること”です。

誰でもたまにはカッとなることはあると思いますが、あなたは、そして世の人々はそんな怒りをどのようにコントロールしているのでしょうか?

そこで今回は、日本アンガーマネジメント協会が全国の20歳〜59歳までの既婚男女 516人を対象に実施した「“怒り”に関するアンケート調査」の結果をご紹介します。

 

■“夫へのイライラ”で離婚を考えた妻が半数も!

主婦の方でしたら特に、イライラする対象は“毎日生活を共にする夫”という方も多いと思います。

夫婦間でお互いに対して「イライラした際、離婚を考えたことがありますか?」と尋ねると、男性で「ある」と答えたのは30.3%。7割近い69.7%は「ない」と答えています。

しかし同じ質問を女性にすると、「ある」と答えたのはなんと49.0%!「ない」は51.0%で、半数近くの既婚女性が“一触即発”状態であることがわかりました! 女性たちがなぜ怒っているかというと、次のような意見が。

・「地震の際に自分だけ逃げる」(40代/女性)

・「自分だけが大変だとアピールし、妻や子どものことを配慮しない」(30代/女性)

・「ものすごく長い変な名前の微生物の名前を言えるのに、話しておいた予定をすぐ忘れることが何回か重なった時」(30代/女性)

という意見が集まりました。女性は結構執念深い部分があるので、このような仕打ちを一時的には許しても、忘れずに記憶に積み重ねていくことも多いようで、後で大爆発することも考えられます。

 

■夫婦は“パートナーへの怒り”を相手にどう伝えている?

では夫婦はそれぞれ、そんなパートナーへの怒りの感情を相手にどう表現しているのでしょうか? 「パートナーへのイライラを、どのように伝えますか?」と尋ねると、まず夫側は、

1位・・・「伝えず、自分の中で処理する」(51.4%)

2位・・・「パートナーに直接話す」(39.9%)

3位・・・「メールやLINE等のメッセージアプリを使って伝える」(2.9%)

という結果でした。一方妻は、

1位・・・「パートナーに直接話す」(58.2%)

2位・・・「伝えず、自分の中で処理する」(35.6%)

3位・・・「メールやLINE等のメッセージアプリを使って伝える」(7.7%)

という結果になりました。どうやら、妻のほうが夫と「面と向かって話したい!」と思う気持ちが強いようですが、“怒り対決”にならないよう、落ち着いて相手を責めずに話し合い解決の道を見出したいものです。

 

■難しい夫婦間のコミュニケーション

結婚生活の中で、相手に対する不満が次第に怒りに変わることはよくあるようです。

過去記事「4位“妻には不満がないと思う”にドン引き!妻と夫の不満認識のギャップ」でお伝えしたとおり、「パートナーのことをよく理解している」はずの夫婦間でも、相手の不満をきちんと理解して、それに対処しようとしている場合は少ないようです。

上記の調査でも判明したように、怒っていても相手に伝えず、自分で処理する人は妻側は4割、夫側はなんと5割に達しています。この結果からも、夫婦間のコミュニケーションがスムーズにいっておらず、難しい状況になっている様子が伺われます。

自分の心の中に不満を溜めていくのは、怒りを増幅させる結果となります。また、「ゲエ…全部やってた!黙っているけど“夫が実は耐えられない”妻の行為4つ」でお伝えしたように、怒っていても話し合いもせず「夫を無視する」というのもNG。

怒った顔で「ちょっと、話したいことがあるんだけど!」と迫らず、雰囲気をよくして夫婦でオープンな会話をできるようにしたいものです。

 

以上、怒りに関する調査結果をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「夫に対して怒りが溜まっている」という状態は危険です。何か不満があったら心の中に溜めて突然爆発したりせず、その都度落ち着いた気持ちで話し合えば、「ただの誤解だった」と案外簡単に解決するかもしれませんよ!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 言ってない?「夫が即離婚を考える妻の言葉」堂々1位の悪魔のフレーズは

※ 4位もっと甘えて!脱セックスレスのために「夫が妻にして欲しいこと」ベスト3は

※ ゲッ…もう立ち直れない!夫が妻との「夜の夫婦生活」を全力で避ける理由5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 日焼け止めだけじゃダメ!『メディパラソル』で内側から紫外線をケア

※ 短期間で-8kgも夢じゃない!? 夏前の裏ワザダイエット

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 「まぶしすぎるママ雑誌」と現実では決定的に異なるポイント4つ

※ あ〜もう離婚してぇ…夫の心がドンドン離れる「妻のNG言動」5つ

 

【参考】

※ 「怒り」に関するアンケート調査 - 日本アンガーマネジメント協会

 

【画像】

※ polkadot / PIXTA(ピクスタ)