藍、初日は1オーバーで20位タイ発進(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<KPMG女子PGA選手権 初日◇9日◇サハリーカントリークラブ(6,624ヤード・パー71)>
 米国女子メジャー「KPMG女子PGA選手権」がワシントン州のサハリーカントリークラブを舞台に開幕。日本勢では宮里藍が1オーバー20位タイで最高位となった。
米国女子ツアーの特選フォトギャラリー!
 難セッティングの中、自身はイーブンパーを目標にスタート。朝からグリーンが硬く、「やっぱり手前から手前からという意識がすごくありましたし。あと本当にフェアウェイにないとダメだなという感じがすごくあった」とフェアウェイキープと手前から、この2つを大事にプレーした。
 「本当にシンプルにやっていけたらいいな、とスタート前に思っていて。それが上手くやれたと思います」。難しいセッティングの中でこそ、基本に忠実に。「自分の内容には結構、80点くらいの満足度はあります」、目標は達成できなかったが思うようなプレーができ、まずまずのスタートを切った。
 この日、韓国のインビー・パークが殿堂入りを果たした。「すごいことだと思います。彼女が全米女子オープンで初優勝して、そのあと3年か4年くらいちょっと沈んでいた時期も見ているので。ここ5年の頑張りというか、勢いとかそういうものはすごいと思いますし、あんなに若くして殿堂入りできるんだと」と賞賛の言葉を送っていた。自身については、殿堂入りについて「とんでもございません(笑)。全然ないです。みじんもないです」と話していた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>