Doctors Me(ドクターズミー)- 何が違うの? 日焼け止めを理解して選ぼう

写真拡大 (全2枚)

今年も夏がやってきます。
夏は1年の中でも紫外線も強くので、日焼け止めが欠かせないアイテムになっています。

しかし、お肌を守るはずの日焼け止めが皮膚炎が起こしてしまうこともあるのです。特に肌が弱い人は要注意。今回は、「日焼け止め」について薬剤師の吉澤先生にお話を聞きました。

意外と知らない、日焼け止めにはタイプがある

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。
ぞれぞれの特徴を知り、ご自身の肌に合うものを選ぶことが大切です。

<紫外線吸収剤>
肌の表面で紫外線を吸収して肌へ紫外線が浸透することを防ぎます。
メリット:日焼け防止の効果が非常に高いことと白くなりにくい。
デメリット:吸収した紫外線を熱に変えて外へ逃がすので、肌への負担が大きい。

<紫外線散乱剤>
日焼け止めが紫外線を反射・散乱させて肌の中に紫外線が浸透することを防ぎます。
メリット:肌に低刺激のため敏感肌にも使用できる。
デメリット:効果が短時間のため塗り直しが必要となることと肌が白っぽくなりやすい。

有害な紫外線? 紫外線の種類とは

紫外線は、波長によってUVA/UVB/UVCがあります。このうちUVAとUVBの2種類が地表まで届きます。
これらの紫外線の違いについて見ていきましょう。

<シミ・タルミの原因となるUVA>
地表に届く9割の紫外線は、UVAです。
UVAは、肌に急激なダメージは与えませんが、肌への浸透力が高く徐々に肌にダメージを蓄積して肌の老化を進行させます。(これを光老化と呼びます。)肌の奥の真皮層にまで届いたUVAは、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞にダメージを与えます。

<シミ・シワの原因となるUVB>
地表に届く1割の紫外線は、UVBです。
肌の奥の真皮層までは届きません。しかし、肌の表面で吸収されるため短時間でも肌へのダメージは大きくなります。日焼けにより赤くなる炎症は、このUVBによって引き起こされます。

<危険な紫外線UVC>
UVCは、本来オゾン層を通過することができず地表まで届くことはなかった紫外線です。しかし近年のオゾン層の破壊により人体への影響が危惧されています。皮膚病や皮膚癌の原因となる有害な紫外線です。

日焼け止めでよく見るSPFとPAとは?

おそらくみなさんが日焼け止めを選ぶときに見ている数値についてお伝えします。

<SPF>
Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)を略したもので、紫外線防御指数と呼ばれます。
SPFとは、UVAを浴びた際に皮膚が赤くなるのを防ぐ強さを示したものです。SPFの値が高いほどその効果は強く、現在の日本では50+が一番強いSPFです。

<PAとは?>
Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略です。UV-A防御指数と呼ばれます。
PAとは、紫外線UVAにより肌が黒くなる皮膚の黒化を防ぐ強さを示したものです。

PAは、次の3段階で表記されています。
PA+ :PFA2以上4未満・UV-A防御効果がある。
PA++ :PFA4以上8未満・UV-A防御効果がかなりある。
PA+++:PFA8以上・UV-A防御効果が非常にある。

最後に薬剤師からアドバイス

「日焼け止め」にも実は種類がたくさんあります。ぜひこの違いを知って、日焼け止めを選ぶようにするといいですね。

夏本番はすぐそこです。ご自分の肌にあった日焼け止めで快適な夏を過ごしてください。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)