Ishi201606091330-1

写真拡大 (全4枚)


ハウステンボス(長崎・佐世保)の夏のメインコンテンツ「水の王国」が、今年はなんと大阪城公園に出現!

7月16日(土)〜8月31日(水)の期間限定で、さまざまなウォータースライダーやプールが登場するという。


約150メートルもの水が流れる一直線のスライダーを浮き輪に乗って滑り抜ける「ウォーターロングスライダー」は、関西初登場。大阪城を眺めながら、贅沢な滑りを自撮りして楽しんでみるのもおススメだ。

高さ10mの巨大なふわふわすべり台から、スリル満点にジャンプする「ジャンピングスライダー」は、なんと日本初!滑り下りるスリルと、空高く飛びあがるスリルと、1度に2回ドキドキが楽しめて、思わずハマってしまいそう。

その他、計3つも設置されるという直径20mもの巨大なプールの周りには、長さの異なる7つのスライダーが。また小さな子どもでも安心な、幼児向けプールも用意されるというから、ファミリーも心強い。


さらにエアードームの中に真っ白な雪が広がる「スノーパーク」では、子どもも大人も寝転んだり、雪だるまをつくったり。“真夏の雪遊び”を思う存分楽しむことができる。


期間中、氷点下ビールやフルーツビールが大集合する「世界のビール祭」も開催。軒を連ねた屋台では、キンキンに冷えたビールの他、国際コンクールで金賞を受賞したソーセージなどのフードメニューも豊富に揃う。

「ウォーターパーク入場券+ロングスライダー終日利用券」は、大人(高校生以上) 2000円、こども(3歳〜中学生) 1400円(※8月11日〜16日は大人+400円、こども+300円)。

今夏は「大阪城ウォーターパークbyハウステンボス」がアツイ!滑って飛んで潜って、思いっきりエンジョイしよう。