9日、金羊網によると、1人の男が養殖場から高額のニシキゴイを盗み出したが、高価すぎて買い手が付かず、ついに自分で食べてしまうという出来事が中国で起きた。資料写真。

写真拡大

2016年6月9日、金羊網によると、ひともうけしようと養殖場から高額の輸入ニシキゴイを盗み出した男が、あまりに高価すぎて数週間たっても売却先が見つからず、結局自分で食べてしまうという出来事が中国で起きた。

5月、養殖場の関係者から派出所に「輸入したニシキゴイ2匹が見当たらない」と通報があった。長さは80センチほどで重さは12、13キロほど。「銀鱗」、「大正」というどちらも珍しい品種で、市場価格はそれぞれ3万元(約49万円)に上る。

捜査を進めた結果、警察は1人の男の身柄を確保し、携帯電話にあった盗まれたニシキゴイの画像や取り引きに関するSNS上の記録などを押収した。男は会社を解雇されており、養殖場に侵入してニシキゴイを盗んだと供述。インターネットを通じて売却を試みたという。

男は1匹3000元(約4万9000円)の値で買い手を探したが、高額なため思うように行かず、その間、ニシキゴイはどんどん弱っていった。男の腹も減っていく。結局、食料品店で「火鍋」の調味料を買い、ニシキゴイを煮て食べるという結論に至った。

ニシキゴイの味を知る人は少ないが、食用に向いた魚ではない。危険を冒してまで盗み出した高額のニシキゴイだったが徒労に終わってしまったと、記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)