SUVを中心に、車名変更を含むラインナップの拡充を図っているメルセデス・ベンツ。

2011年から2014年まで「日本で一番売れていたオープンカー」のSLKが、メルセデスのロードスターを意味する「SL」に、車格を表す「C」が組み合わされ、「SLC」に生まれ変わりました。

1

なお、「C」クラス系のSUVは「GLC」ですから少し混乱しそうですが、「SL」の知名度が高いだけに「SLC」もすぐに浸透しそう。

「新型」となったSLCは、ロングノーズ&ショートデッキのフォルムはもちろん踏襲されていて、刷新されたリヤバンパー、テールランプによりワイド感を強調。

さらに、サイドにエアダクトデザインを施すことで、スポーティムードが高められています。

機能面では、リバース操作に連動して車両後方の映像が映し出されるリヤビューカメラを全車に標準装備。

ほかにも、「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」をベースに、走行状況や天候などに応じて最適なモードを自動で選択する「インテリジェントライトシステム」などが用意されています。

SLCの特徴であるバリオルーフは、ルーフフレームにマグネシウム合金を採用することで、軽量化と低重心化を実現。停車時に開閉操作を開始すると、開閉動作は約40km/hまで継続するようになり利便性も向上しています。

ほかにも、スイッチ操作でルーフトップの透過率を変更できる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」も引き続き搭載されています。

エンジンは「SLC 180」「SLC 180 Sports」「SLC 200 Sports」に、第3世代の直噴システムの「BlueDirect」を搭載。

「SLC 180」「SLC 180 Sports」には、1.6Lの直列4気筒直噴ターボを搭載し、156ps/250Nmというスペックを発生。なお、カタログ燃費は14.9km/Lとなっています。

「SLC 200 Sports」は、2.0Lの直列4気筒直噴ターボを組み合わせ、184ps/300Nmというアウトプットを得ながら、1.6Lとそれほど遜色のない14.2km/Lという燃費を両立。

トランスミッションは全車9ATに進化。滑らかな変速と燃費や静粛性向上に寄与しています。

さらに、5つのモードを用意する「ダイナミックセレクト」も標準装備され、シーンに応じて走り方を変えられるのも魅力。

最上級の「メルセデスAMG SLC 43」には、AMG専用開発の3.0L V6ツインターボが積まれていて、367ps/520Nmを発揮。0-100km/h加速は4.7秒(欧州参考値)という俊足を誇ります。

価格は「SLC 180」が530万円、「SLC 180 Sports」が590万円、「SLC 200 Sports」が685万円、「メルセデスAMG SLC 43」が970万円です。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【関連記事】

44年ぶりの新型Sクラス カブリオレ、新型SL、新型SLCが同時デビュー
http://clicccar.com/?p=376128

メルセデス・ベンツSLKからSLCへ。生まれ変わった人気の2シーターモデル(http://clicccar.com/2016/06/10/376215/)