蒸し暑いこの時期は、白い服などで爽やかに乗り切りたいもの。しかし、女性なら気をつけたいのが「ブラが透けて見えること」。女性の毎日に欠かせないパートナーである下着ですが、つい秋冬と同じ感覚で毎日着けるものを選んでしまっていませんか?
ブラが透けているのを見るとちょっと嬉しいと思う男性もいるいっぽうで、残念に感じるという常識的な男性のほうが多いようです。特に、初対面の相手でブラが透けていたら決して良い印象は持てません。
うっかりブラが透けて恥ずかしい思いをしないためにも、ブラを透けさせないためのポイントをおさらいしておきましょう。

1: 太陽光の下でチェック

自宅の照明だと透け感が気にならなかったのに、太陽の下に出るとバッチリ透けてしまっていた……ということもあります。照明の下だけではなく、窓際など必ず太陽光の下でチェックしましょう。
前からだけではなく横、後ろからの見え方もよくチェックしましょう。また、襟ぐりが大きいタイプや丈の短いタイプ、腋の開き加減が大きいトップスだとかがんだときに隙間から見えることもあるので、全方向からチェックを忘れずに。

2: ブラの色に注意

黒や赤などセクシーな色は、色自体が濃い目なので目立ちます。薄い色の服でバッチリ透けてしまうだけではなく汗をかいたら透けてあわててしまうこともあるので、夏場は避けたほうが無難な色だといえるでしょう。
モカベージュなど肌色よりも一段濃い色を選ぶのが一番透けにくいので、1枚は持っておいたほうが安心ですね。

3: ブラの素材も要注意

透けるだけではなく、ブラのレースの素材感などがそのまま服に浮き出てしまうのは格好悪いですね。「Tシャツブラ」などの名称で売られている表面が平らな素材のブラを選ぶと安心です。

4: 透けブラが心配なときはカップ付きキャミソールを

上にキャミソールなどを重ねたとしても、素材が薄いなどの理由で透けるときは透けてしまうことがあります。ブラが透けていないか気になって落ち着かないのではその日1日が楽しく過ごせないですよね。
そんなときはいっそカップ付きキャミソールを選ぶのも賢い方法といえるでしょう。バストアップ効果は落ちてしまいますが、汗をかいても透けを気にしなくていいのは大きなメリットです。

ブラが見えていると、同性からも異性からもいい印象はしません。男性から見てもだらしないと感じてしまいます。ちょっとした工夫でうっかり透けブラは防げます。秋冬とは下着選びを変えるのが、スマートな大人の女性のマナーだといえるかもしれませんね。