9日、ロイター通信によると、中国海軍の艦艇1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域内を航行し、日本が中国に抗議した。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月9日、ロイター通信によると、中国海軍の艦艇1隻が沖縄県・尖閣諸島の接続水域内を航行し、日本が中国に抗議した。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

日本の外務省は9日、中国軍艦が同日未明に尖閣諸島の接続水域内を航行したことを明らかにした。中国軍艦が日本の接続水域内に入ったのは初めてのことだという。外務省が発表した声明によると、斎木昭隆事務次官は同日午前2時ごろ、程永華駐日中国大使を呼び出し、「重大な懸念」を表明して強く抗議し、中国軍艦がただちに接続水域から出るよう求めた。中国国防部がロイター通信に送付した声明によると、国防部は尖閣諸島の領有権は中国にあると述べ、中国の軍艦が中国の海域を航行することは合法であると主張した。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「抗議なんて何の役にも立たない!相手がやっているのと同じことかそれ以上のことをすべきだ」

「日本は捕鯨船を使って中国の軍艦に対抗すればいいんじゃないか?」

「中国はやんちゃだな。ロシアは酔っぱらっていて迷ってしまったのだろうね」

「小さな出来事によって世界大戦がはじまるのではないかと心配だ。そして技術が発達した今、戦争の勝者はないだろう」

「また戦争に近づいた」

「中国は南シナ海問題から世界の注意をそらしたいだけだろう」(翻訳・編集/蘆田)