手にしやすい価格帯を実現しながら音質に妥協なし

写真拡大

パソコン用周辺機器などの代理店事業を手がけるアユート(東京都千代田区)は、韓国iriver(アイリバー)製ポータブルオーディオプレーヤー「Astell&Kern(アステルアンドケルン) AK300」を2016年6月11日に全国の家電量販店および直販サイト「アキハバラe市場」などで発売する。

「AK380」や「AK320」の基本設計を踏襲しつつ、シングルDAC(デジタル・アナログ変換回路)、アルミボディなどを採用したエントリーモデル。

CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に対応し、最大384kHz/32bit PCM(ネイティブ再生は192kHz/24bit)のほか、DSD 2.8/5.6MHzはPCM変換での再生が可能だ。ラインアウトモードやバランス出力を使用し、96kHz/24bitのUSB DACとしても活用できる。

4.0型タッチ対応TFT(480×800ドット)ディスプレイを搭載。本体下部にどの画面からでも素早くホーム画面に戻れる「感圧式メタルタッチセンサーボタン」を備える。内蔵ストレージは64GB。SDHC/XCメモリーカード(最大128GB)をサポート。容量3100mAhリチウムイオンバッテリーを内蔵し、約10時間(FLAC 44.1kHz/16bit)/約8時間(FLAC 192KHz/24bit)の連続再生に対応。

カラーはミッドナイトブラック。

直販価格は12万9980円(税込)。